コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジプト・トルコ戦争 エジプトトルコせんそう

百科事典マイペディアの解説

エジプト・トルコ戦争【エジプトトルコせんそう】

1832年―1833年,1839年―1841年の2度にわたり領土拡大を図るエジプトの支配者ムハンマド・アリーオスマン帝国の間で起きた戦争。英,露,オーストリアプロイセンオスマン朝を支持し,エジプトはクレタ島とシリアの支配権を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エジプト・トルコ戦争
えじぷととるこせんそう

オスマン帝国のエジプト太守であるムハンマド・アリーとオスマン政府との、2回にわたる戦争(1831~33、1839~40)。ギリシア独立運動鎮圧のため援軍を送ったムハンマド・アリーは、代償としてシリア知事職を要求したが拒否され、1831年シリアを武力で占領、さらにフランスの支援を受けてアナトリアに進撃、オスマン朝軍を撃破した。オスマン政府はロシアとウンキアル・スケレッシ条約を結び、その援助を受けた。イギリス、フランスはロシアの南下を阻止するためムハンマド・アリーにアナトリア西部のキュタヒアで休戦条約を強要し、シリアの知事職はそれを保障した(1833)。
 キュタヒア条約に不満なオスマン朝とムハンマド・アリーは1839年に開戦、オスマン朝軍は大敗した。ウンキアル・スケレッシ条約に基づくロシアの介入を阻止するための四か国条約(イギリス、ロシア、オーストリア、プロイセン)による休戦要求は、ムハンマド・アリーによって拒否された。イギリスはオスマン朝を支援し、ムハンマド・アリー勢力をシリアから追放、ムハンマド・アリーに休戦を認めさせた。以後、エジプトはオスマン帝国の宗主権のもとに半独立国となった。[設楽國廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エジプト・トルコ戦争の関連キーワードバルザックポー(Edgar Allan Poe)ショパン高野長英ハーシェルテニソン桜田門外の変/参加者一覧産業革命史(年表)カルリスタ戦争雪華図説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android