コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジプト・トルコ戦争 エジプトトルコせんそう

2件 の用語解説(エジプト・トルコ戦争の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エジプト・トルコ戦争【エジプトトルコせんそう】

1832年―1833年,1839年―1841年の2度にわたり領土拡大を図るエジプトの支配者ムハンマド・アリーオスマン帝国の間で起きた戦争。英,露,オーストリアプロイセンオスマン朝を支持し,エジプトはクレタ島シリアの支配権を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エジプト・トルコ戦争
えじぷととるこせんそう

オスマン帝国のエジプト太守であるムハンマド・アリーオスマン政府との、2回にわたる戦争(1831~33、1839~40)。ギリシア独立運動鎮圧のため援軍を送ったムハンマド・アリーは、代償としてシリア知事職を要求したが拒否され、1831年シリアを武力で占領、さらにフランスの支援を受けてアナトリアに進撃、オスマン朝軍を撃破した。オスマン政府はロシアとウンキアル・スケレッシ条約を結び、その援助を受けた。イギリス、フランスはロシアの南下を阻止するためムハンマド・アリーにアナトリア西部のキュタヒアで休戦条約を強要し、シリアの知事職はそれを保障した(1833)。
 キュタヒア条約に不満なオスマン朝とムハンマド・アリーは1839年に開戦、オスマン朝軍は大敗した。ウンキアル・スケレッシ条約に基づくロシアの介入を阻止するための四か国条約(イギリス、ロシア、オーストリア、プロイセン)による休戦要求は、ムハンマド・アリーによって拒否された。イギリスはオスマン朝を支援し、ムハンマド・アリー勢力をシリアから追放、ムハンマド・アリーに休戦を認めさせた。以後、エジプトはオスマン帝国の宗主権のもとに半独立国となった。[設楽國廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エジプト・トルコ戦争の関連キーワードカルリスタ戦争雪華図説タンジマート島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群工場法天保の飢饉春色梅児誉美

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone