コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスキス esquisse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスキス
esquisse

美術用語。試作のための下絵画稿の意 (→スケッチ ) 。大きな作品の制作の準備段階として小さな紙や布に簡単に構図を描いてみること。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エスキス(〈フランス〉esquisse)

下絵。スケッチ。画稿。
彫刻の粗(あら)造り。
文学作品の草稿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エスキス

フランス語の絵画用語。作品の準備のための小さな下絵。素描あるいは簡単な陰影彩色をほどこす程度で,大まかな構図や色彩配置を把握するために描かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

エスキス【esquisse】

下絵。スケッチ。見取り図。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスキス
えすきす
esquisseフランス語

おもに絵画制作における下準備のスケッチをさしていう。全体の構図とか比例、配色などを検討するために制作される下図である。同様の目的で制作される建築などのための大まかな構想図(ラフ・スケッチ)を意味することもある。また、彫刻制作の最初の段階でつくられる粘土やろうの小形の習作(マケットmaquette)もエスキスとよばれる。英語のスケッチ、イタリア語のスキッツォなどと語源は同じである。[長谷川三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエスキスの言及

【素描】より

…即興性と速写生を特質とする,簡単な素材による素描の総称であり,ルネサンス(16世紀)においては芸術的発想の第一段階としてもっとも重要視された。(2)習作study フランス語でエチュードétudeまたはエスキスesquisseという。スケッチと対照的に,ある対象を入念に観察し,研究するための素描をさす。…

※「エスキス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エスキスの関連キーワードイワーノフ(Aleksandr Andreevich Ivanov)レオナルド・ダ・ビンチミケランジェロエスキースフランス語長谷川三郎見取り図建築設計ペン画

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android