コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチオピア人 エチオピアじん Ethiopian

翻訳|Ethiopian

2件 の用語解説(エチオピア人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチオピア人
エチオピアじん
Ethiopian

広義にはエチオピアの住民を,狭義には,エチオピア帝国の支配層を構成したセム語系諸族を意味する。広義のエチオピア人は,民族,言語,形質的に多様であるが,セム語系,クシ語系,その他の人々に大別できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチオピア人
えちおぴあじん
Ethiopian race

アフリカの角(つの)といわれる東端地方、とくにエチオピア高原とソマリ半島を中心として分布する一亜人種。エチオピア人種ともよばれる。いちおうネグロイドに分類されるが、ネグロイドとコーカソイドの中間の特徴をもつ。ネグロイド的特徴としては、やや長頭であること、高身長の傾向、淡ないしは濃褐色の皮膚、幅広い肩と狭い骨盤、すんなりとした体つき、相対的に長い前腕と下腿(かたい)、少ない体毛、ほっそりしたふくらはぎなどがあげられる。一方、コーカソイド的特徴としては、頭髪が極端に縮れてはおらず、ときには波打つ程度のものがあること、唇が比較的薄く、とくにめくれ上がってはいないこと、鼻がすらりと突出し、またその幅が狭いこと、鼻梁(びりょう)はまっすぐか、ときおり凸状であること、直顎(ちょくがく)(顎部や口元が前突しないこと)、ほお骨が突出していないことなどである。たとえば、オリンピックのマラソン優勝者、アベベ選手にみられるように、顔の輪郭はコーカソイド的であるが、体表の色などはネグロイド的である。ネグロイドとコーカソイドの混血児との体形の違いから、エチオピア人種は、ネグロイドへもコーカソイドへも明確には分化しなかった一般的傾向を帯びる人種であると考える学者もいる。一方、先住民であるネグロイドと、北方から侵入したコーカソイドとの混血によって形成され、両方の特徴が比較的等質的に安定したものであるという見方もかなり強い。浅黒い皮膚をしているコーカソイドの個体にわずかでもネグロイドの血統が加わると、往々にしてかなり濃い色の皮膚をもつ混血児が生まれることが知られているが、エチオピア人種の皮膚の色はそれによって説明される。
 典型的なエチオピア人種は、比較的涼しく、曇りがちな高地に住むガラ人とアムハラ人である。これに比べ、ソマリ人やダナキル人は、目や頭髪の色が濃く、体や顔も細い。これは、日差しの一段と強い、暑熱の砂漠地域という居住環境に対する適応型と理解することができる。エチオピア人種を形成すると考えられるコーカソイドは主として地中海人種であり、ネグロイドとの混血率には幅があるとみなされている。ネグロイド的な螺毛(らもう)の保有率は集団によって異なり、ガラ人では70%、アムハラ人で60%であるが、ソマリ人では14%にすぎない。ソマリ人やダナキル人には、いわゆるアラブとの混血の影響がみられる。エチオピア人種は言語学的区分に基づくセム・ハム諸族に相当し、紀元前の昔から近年まで皇帝をいただき、キリスト教化されており、隣接するネグロイド諸集団と自らを区別していた。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチオピア人の関連キーワードエチオピア区エチオピア戦争純粋理性エチオピア亜区エチオピア高地エチオピア饅頭エチオピア・エリトリア紛争イタリア・エチオピア戦争テオドロス[2世]エチオピアの海

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エチオピア人の関連情報