コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチオピア史 エチオピアし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチオピア史
エチオピアし

ソロモン王とシバの女王の後裔を国王とする世界最古の王国という,神話と歴史を混同した形でエチオピア王家は同国の歴史を主張する。アラビア半島南部から渡来したハム族が,1世紀頃チグレ地方にアクスム王国を建国。アクスム王国の頃からアビシニアといわれたのは,その人種がアバシャ Habashatといわれ,それをギリシア人がアバセニ Abaseniと呼んだことに起因する。4世紀頃キリスト教国となったが,7世紀後半からイスラム教徒に包囲され,高原に孤立して外界との接触は絶たれた。 15世紀末になってポルトガルの探検者が来訪し,1520年ポルトガル軍の援助でイスラム軍を撃退したが,離合集散を繰返した。 19世紀にメネリク2世 (在位 1889~1913) が国内を統一,アジスアベバを首都とした。すでにエリトリアを植民地とし (1870~85) ,ソマリアを保護領 (89) としていたイタリアが,アビシニア王国を侵略しようとしてメネリクとウチアリ条約を結び,1896年同条約によりアビシニア保護領化を武力で実現しようと攻撃してきたが,アドワの戦いでアビシニアが勝ち,両国間に講和が成立した。メネリクの死後,王位継承争いと地方的利害のからまった国内紛争が起ったが,メネリクの娘ザウディツが 1916年女王となり,国内統一は回復。 30年摂政だったラス・テフェリはハイレ・セラシエ1世と称し,近代的なエチオピア帝国の確立に着手しはじめたが,35年 10月イタリア軍の侵略が始り,翌年5月アジスアベバも占領された。イギリスに亡命したハイレ・セラシエ1世は,41年からイギリス軍とともに祖国解放の進撃を始め,5月にイタリア軍敗退後の首都に帰り独立を回復。エリトリア併合 (1952) ,国内近代化,クーデター未遂事件,ソマリアとの国境紛争,エリトリア分離問題などの困難な問題をかかえていたが,74年政治改革を要求していた軍の一部が反乱を起し (→エチオピア革命 ) ,同年9月ハイレ・セラシエを退位させ,帝制は廃止された。同年 12月社会主義化路線を宣言。 77年2月クーデターが起り,重要施設の国有化を開始し,旧ソ連,キューバとの関係を深めた。 75年以降エリトリアの独立を要求するエリトリア解放戦線との戦争が激化し,77年にはオガデン地方の帰属をめぐってソマリアと全面戦争となったが,78年これに勝利。 88年にはソマリアと休戦協定を締結。 91年5月には革命以来のメンギスツ政権が崩壊し,新政府はエリトリアに対し,柔和政策をとるなど政策は一変した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エチオピア史の関連キーワードメレス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android