コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチカ Ethica

大辞林 第三版の解説

エチカ【Ethica】

〔倫理学の意〕
哲学書。スピノザ著。1675年頃完成、死後1677年刊行。「神即自然」を唯一の実体とし、知的直観による至福の獲得を目指す汎神論的体系が、幾何学的方法により演繹的に論証される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エチカ【Ethica】

スピノザの主著(1677)。詳しくは《幾何学的秩序にしたがって論証されたエチカ》。エチカ(倫理学)と題されているが,スピノザ哲学の汎神論的体系全体が織り込まれている。そこでは,少数の定義と公理から出発して,神と人間精神との本性が説明され,〈神即自然〉ということと,人間の最高の善,人間の救済および真の幸福は神の認識と神への愛においてのみ成立するということとが,ユークリッド幾何学の形式にしたがって演繹的に論証されており,厳密な合理主義精神と深い宗教的心情とがみごとに統一されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチカ
えちか
Ethica ordine geometrico demonstrata

17世紀オランダの哲学者スピノザの主著。彼の死後、友人の手で1677年に刊行された。本書は正式の題名を『幾何学的順序で証明された倫理学』といい、スピノザの全体系を文字どおり「幾何学の順序」に従って演繹(えんえき)的に論証する。すなわち、唯一の無限実体、神が存在すること。思惟(しい)と延長とは人間精神に認識可能なその二つの属性であること。神はいっさいの結果を自己の内部に産出すること。したがっていっさいの事物は神の様態にほかならないこと。神は自己の本性の必然性に従って働き、いっさいは決定されていること。観念の秩序および連結は物体の秩序および連結と同一であること。人間精神は諸情念に隷従せざるをえないが、しかし同時に明晰(めいせき)判明な認識によって諸情念に打ち勝つ能力をもつこと。人間は理性によって欲望を克服するとき自由であること。万物を「永遠の相のもとに」、つまり神との必然的な関係においてみるとき、「神に対する知的愛」としての喜悦が生ずること。これは神が自己自身を愛する「神の知的愛」にほかならず、ここに人間の最高の善と幸福とが存すること、などである。[坂井昭宏]
『畠中尚志訳『エチカ(倫理学)』全二冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエチカの言及

【スピノザ】より

…73年にハイデルベルク大学の招聘をうけたが,断る。主著《エチカ》は75年には完成していたが,彼に危険思想を見る人たちの妨害で出版を断念しなければならなかった。その後は《国家論》の執筆にとりかかったが,完成しなかった。…

※「エチカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エチカの関連キーワードエレーヌ カレール・ダンコーストラフィックチャネルウォディントンガイゼリック産出的自然五十嵐ミナ由起さやかイリガライ多加野詩子高嶋ちさ子蓮實重彦バエチカ福島泰樹上村友彦坂本みか知的直観井花美羽人間の絆心身問題佐々木愛

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エチカの関連情報