エディンバラ大学(読み)エディンバラだいがく(英語表記)University of Edinburgh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エディンバラ大学」の解説

エディンバラ大学
エディンバラだいがく
University of Edinburgh

1582年スコットランド王ジェームズ6世の勅許状によりエディンバラ市会が翌年の 83年に創立したタウンズカレッジを起源とする共学制の私立大学。神学法学文学,社会科学,音楽,医学理学獣医などの学部有し,特に医学と法学の分野で有名。付置施設として,人文学高等研究所などがある。教員数約 2400名,学生数約1万 7200名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「エディンバラ大学」の解説

エディンバラ大学【エディンバラだいがく】

英国,エディンバラにある大学。1583年創立。現在,神,法,医,文,理,音楽,社会科学,獣医の各学部で構成。特に医学部は18世紀以来すぐれた成果をあげてきた。
→関連項目エドワーズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大学事典「エディンバラ大学」の解説

エディンバラ大学[イギリス]
エディンバラだいがく

スコットランドで4番目,イギリスで6番目に古い歴史を持つ。1582年,エディンバラ市議会の主導の下,スコットランド王ジェームズ6世(のちイングランド王ジェームズ1世)裁可を経て,スコットランド教会と国家に奉仕する有能な人材の養成のために神学を教授する教育機関として創設され,1583年に最初の学生が入学した。18世紀にはエディンバラをスコットランド啓蒙の拠点の一つとすることに貢献。卒業生にはチャールズ・ダーウィン,発明家アレクサンダー・グラハム・ベル,小説家アーサー・コナン・ドイルやブラウン元首相らがいる。イギリスの研究大学の連合体であるラッセル・グループの加盟校で,ヨーロッパの大学の提携組織であるコインブラ・グループ,ヨーロッパ研究大学連盟(LERU)にも加盟している。QS社の世界大学ランキングでは19位(2016年)。卒業生とかつてのスタッフから18名のノーベル賞受賞者を輩出している。
著者: 福石賢一

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android