エトルリア語(読み)エトルリアご(英語表記)Etruscan language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エトルリア語
エトルリアご
Etruscan language

前8世紀頃から4世紀までイタリア中部を中心として話されていた言語で,エトルスク語ともいう。話し手は,前6世紀頃にはローマ市をも支配下においたエトルリア人たちで,ギリシア文化を吸収し,ギリシア文字に似た文字をつくりだした。現在,前7世紀からアウグスツスの時代までの碑文が1万以上残っているが,いまだに完全には解読されていない。系統関係も未詳であるが,小アジアに近いリムノス島から出土した碑文がエトルリア語に近いこと,小アジアのリュディア語と多少共通点があることから,小アジアに起源を求めようとする説 (ブルガリアの V.ゲオルギエフら) が比較的有力である。イタリアの学者は土着起源説をとる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エトルリア語【エトルリアご】

ローマ帝国興隆以前にイタリア中部に栄え,文化的に古代ローマに強い影響を与えたエトルリア人の言語で死語。北方説,小アジア説等その系統に関しては異説があるが,非インド・ヨーロッパ語であることは確実とされる。西ギリシア系文字(ギリシア文字)に基づくアルファベットで書かれた1万近い碑文,ミイラに巻いたパピルス文献等の資料がありながら,固有名詞以外には不明の点が多く,その全容をとらえることができない。→エトルリア
→関連項目死語バスク語ラテン語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エトルリアご【エトルリア語 Etruscan】

ローマ帝国が興隆する以前にイタリア中部に栄えたエトルリア人の残した言語。西ギリシア文字(〈ギリシア文字〉参照)に由来するアルファベットで書かれた約1万の碑文とミイラに巻かれたパピルス文書,それに古代史家のあげる固有名詞があるが,その言語の全貌は明らかでない。短い墓碑銘から解明された300語ほどの多くは人名などの固有名詞で,1500語をふくむミイラ文書は十分に解読されていない。その系統は,古来の小アジアからの移住説,北方説,土着説のほか,最近ではヒッタイト語に近いインド・ヨーロッパ語説もあるが,いずれも証明されていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エトルリア語
えとるりあご

古代イタリアの北・中部で活躍した民族の言語。紀元前7世紀から前1世紀までおよそ1万のほとんどが墓碑銘からなる碑文と、ザグレブ博物館所蔵のミイラを巻いた麻布に書かれた約1500語からなる儀式的内容のテクストが現存する。ギリシア文字に基づく独自のアルファベットで書かれているが、有力な二言語併用テクストに欠けることと、言語の系統が不確定なために、現在もなお完全な解読には成功していない。[松本克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエトルリア語の言及

【エトルリア】より

…近年ではむしろ来歴よりも,彼らがイタリアの地で民族として,どのように形成されたかが問題とされている。民族の系統を決定する重要な手がかりとなりうるエトルリア語について,他のさまざまの言語との比較が試みられてきたが,どの言語とも近親関係は証明されておらず,インド・ヨーロッパ語系の言語でないとする説が定説となっている。現在1万点以上のエトルリア語銘文が発見されており,文字はギリシア文字の変種なので完全に読めるが,内容についてはきわめて不明な点が多く,確実な全面的解明はまだ達成されていない。…

【ラテン語】より


【ラテン語の成立】
 ラテン語はその名の通り,ラティウムLatiumと呼ばれたテベレ川に接する七つの丘のあるせまい地域,つまり現在のローマの一画の住民の言語にすぎなかった。前1千年紀の後半になってもローマの北部にはエトルリアが栄え,エトルリア語が話されていた。そしてその東にはウンブリア語が,ローマの南部から西部にはオスク語が有力であった。…

※「エトルリア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android