コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード湖 エドワードこ Lake Edward

3件 の用語解説(エドワード湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドワード湖
エドワードこ
Lake Edward

ウガンダとコンゴ民主共和国の国境にある湖。グレートリフトバレーに位置。面積約 2150km2。長さ約 77km。幅約 41km。水深約 110m。水面標高約 912m。 19世紀の探検時代には北方のアルバート湖 (現モブツセセセコ湖) と一緒にされ,アルバートエドワード湖と呼ばれていたこともあるが,1888~89年に H.スタンレーが,別々の湖であることを発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エドワード‐こ【エドワード湖】

Lake Edward》アフリカ中央部、ウガンダとコンゴ民主共和国の国境に位置する湖。大地溝帯に沿って北東・南西方向に伸びる。長さ約80キロメートル、幅約50キロメートル。ルインディ川とルトシュル川が流入し、セムリキ川がアルバート湖に流出する。また、ジョージ湖と運河で結ばれる。湖畔の主な町はウガンダ領のカトゥエ。コンゴビルンガ国立公園、ウガンダのクイーンエリザベス国立公園に属する。名称は英国王エドワード7世にちなむ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エドワード湖
えどわーどこ
Lake Edward

アフリカ中東部にある湖。ウガンダとコンゴ民主共和国(旧ザイール)の国境にまたがり、アフリカ大地溝帯の西リフトバレーの北部地溝底に位置する。長さ80キロメートル、幅48キロメートル、面積2150平方キロメートル。湖水面高度は915メートル、水深111メートル。湖の北西と南東は急斜面の湖岸により限られているが、南から流入するルインディ川やルトシュル川は沖積低地を形成し、北はセムリキ川がアルバート湖へと流出し、北東は長さ40キロメートルにわたるカジンガ運河によってジョージ湖と結ばれている。この運河の入口に湖岸の港町ウガンダのカトゥエがある。鳥獣類とともに魚類も豊富である。1876年ヘンリー・スタンリーが到達し、アルバート・エドワード・ニャンザ湖と称したが、89年に互いに独立した湖であることが確認されて、1909年に現在の呼称となった。湖面の3分の2はコンゴ民主共和国領内にあり、アルベール国立公園の一部をなし、ウガンダ領内の部分はルウェンゾリ(旧クイーン・エリザベス国立公園に属する。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エドワード湖の関連キーワードアフリカ菫アフリカ舞舞アフロブラックアフリカホワイトアフリカ汎アフリカ主義北阿南アフリカ連邦アフリカデーアフリカの音

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone