コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード湖 エドワードこLake Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドワード湖
エドワードこ
Lake Edward

ウガンダとコンゴ民主共和国の国境にある湖。グレートリフトバレーに位置。面積約 2150km2。長さ約 77km。幅約 41km。水深約 110m。水面標高約 912m。 19世紀の探検時代には北方のアルバート湖 (現モブツセセセコ湖) と一緒にされ,アルバート=エドワード湖と呼ばれていたこともあるが,1888~89年に H.スタンレーが,別々の湖であることを発見。北東方にあるジョージ湖とカジンガ水道で結ばれ,セムリキ川によってモブツセセセコ湖に排水する。多種多様な鳥類の生息地として知られ,コンゴ民主共和国側ではビルンガ国立公園,ウガンダ側ではルウェンゾリ国立公園の一部となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エドワード‐こ【エドワード湖】

Lake Edward》アフリカ中央部、ウガンダとコンゴ民主共和国の国境に位置する湖。大地溝帯に沿って北東・南西方向に伸びる。長さ約80キロメートル、幅約50キロメートル。ルインディ川とルトシュル川が流入し、セムリキ川がアルバート湖に流出する。また、ジョージ湖と運河で結ばれる。湖畔の主な町はウガンダ領のカトゥエ。コンゴビルンガ国立公園、ウガンダのクイーンエリザベス国立公園に属する。名称は英国王エドワード7世にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エドワード湖
えどわーどこ
Lake Edward

アフリカ中東部にある湖。ウガンダとコンゴ民主共和国(旧ザイール)の国境にまたがり、アフリカ大地溝帯の西リフト・バレーの北部地溝底に位置する。長さ80キロメートル、幅48キロメートル、面積2150平方キロメートル。湖水面高度は915メートル、水深111メートル。湖の北西と南東は急斜面の湖岸により限られているが、南から流入するルインディ川やルトシュル川は沖積低地を形成し、北はセムリキ川がアルバート湖へと流出し、北東は長さ40キロメートルにわたるカジンガ運河によってジョージ湖と結ばれている。この運河の入口に湖岸の港町ウガンダのカトゥエがある。鳥獣類とともに魚類も豊富である。1876年ヘンリー・スタンリーが到達し、アルバート・エドワード・ニャンザ湖と称したが、89年に互いに独立した湖であることが確認されて、1909年に現在の呼称となった。湖面の3分の2はコンゴ民主共和国領内にあり、アルベール国立公園の一部をなし、ウガンダ領内の部分はルウェンゾリ(旧クイーン・エリザベス)国立公園に属する。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エドワード湖の関連キーワードルウェンゾリ山地国立公園大湖諸国経済共同体ヴィルンガ国立公園ニーラゴンゴ[山]ルウェンゾリ山脈イシャンゴ遺跡マルゲリータ山アンコーレ族アフリカ探検白ナイル川スタンレーピグミーナイル川キブ州アカ族キブ湖信行

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android