コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフェソス Ephesos/Έφεσος

デジタル大辞泉の解説

エフェソス(Ephesos/Έφεσος)

小アジアのエーゲ海岸にあった古代ギリシャの植民都市。現在のトルコ西部の町セルチュク近郊に位置する。のちローマの支配下となるが、紀元前7世紀から紀元後6世紀にかけて栄えた。ドミティアヌス神殿、ハドリアヌス神殿のほか、図書館、公衆浴場アゴラ、大劇場などの遺跡がある。エペソエフェス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エフェソスの関連キーワードキュリロス[アレクサンドリアの]テオドロス[モプスエスティアの]クセノフォン・エフェシオス盗賊教会会議[エフェソス]アレクサンドリア学派エフェソス公会議テオドシウス3世イーサベイモスクファウォリヌスネストリウス派ディオスコロステオドティオンリュディア王国聖母マリアの家アルテミドロスペルシア戦争聖ヨハネ聖堂パイオニオス盗賊教会会議フラビアヌス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エフェソスの関連情報