コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマルジョン emulsion

翻訳|emulsion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エマルジョン
emulsion

乳濁液ともいう。液体の小滴がそれを溶かさない他の液体の中に分散している系のこと。小滴状に分散している液体を分散相,分散させているほうの液体を分散媒という。乳濁液は放置すれば界面張力によりそれぞれの液体同士が凝集して2液層に分離するが,乳化剤と呼ばれる界面活性剤 (2液の界面に吸着する) を加えることにより安定に保存することができる。2液の屈折率が等しいときは必ずしも乳濁状を呈するとはかぎらない。例として牛乳,クリーム,マヨネーズ,石油乳剤がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エマルジョン
えまるじょん
emulsion

コロイド分散系のなかで、分散媒も分散質もともに液体であるものをさす。乳濁質あるいは乳濁液ともいう。なお最近ではエマルションということも多い。身近な例としてはミルク(牛乳)がある。分散の度合いや分散粒子の性質などによって、エマルジョンの粘度はかなり大幅に変化するので、常温ではほとんど液体としての性質を示さないものすらある。流動性をもつもののみを乳濁液とよび、乳濁質は流動性の有無によらない総称として区別して用いる。
 水と油からエマルジョンが生じる場合、水の中に油滴が分散したもの(水中油滴型)と、油の中に水滴が分散したもの(油中水滴型)の2種類のものが考えられる。前者の例としてはミルクのほかにマヨネーズソースなど、後者はバターやマーガリンなどがある。水中油滴型はo/w型、油中水滴型はw/o型のように略記することが多い。w/o、o/wの判定には、エマルジョンが水で薄まるか、それとも油で薄まるかをみればよい。水で薄まればo/w型、油ならw/o型である。エマルジョンでは、温度や組成によってo/w型とw/o型が可逆的に変化することがよくあるが、この現象は「転相」という。エマルジョンの利用は、印刷や塗料、紡糸あるいは高分子の重合などにも利用されているが、食品や化粧品その他、身近な例は枚挙にいとまがないほど多い。
 エマルジョンを安定に保持するためには、よく界面活性剤が用いられる。これを乳化剤という。せっけんなどの洗剤のほか、大豆レシチンや卵黄、アルギン酸など天然のものが食品に応用されている。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエマルジョンの言及

【乳濁液】より

…エマルジョンともいう。ある液体中にこれと混じり合わない他の液体が微細粒子となって分散,浮遊している液体混合物。…

※「エマルジョン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android