コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルズワースランド Ellsworth Land

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルズワースランド
Ellsworth Land

南極大陸の太平洋側,ベリングスハウゼン海に面するほぼ西経 78°~100°の地域。 1935年初の航空調査を行なったアメリカ合衆国の L.エルズワースを記念して命名。沿岸は接岸が容易でないため,南極大陸西部では最も調査が遅れていたが,60年から 62年にかけてアメリカ南極探検隊が行なった空と陸からの探査でその概要が明らかになった。大陸で基盤の起伏の最も大きい部分で,エルズワース山地などの露岩山地をもつ一方,氷厚 3000mで基盤高度が海水準下 1600mという部分もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エルズワース‐ランド(Ellsworth Land)

南極大陸の南極半島基部の名称。南緯75度30分、西経80度を中心とする標高約1000メートルの高原を指す。東部がウェッデル海、南西部がマリーバードランド、北部がパーマーランドに接する。名称は、米国の探検家リンカーン=エルズワースがこの地域を飛行船で横断したことにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エルズワースランドの関連キーワードL. エルズワースベリングスハウゼンピョートル一世島サーストン島ビンソン山西南極

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android