コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルニ Erni, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルニ
Erni, Hans

[生]1909.2.21. ルツェルン
スイスの画家,デザイナー。 1931年「抽象・創造」グループの創立に参加,しばらく純粋抽象様式の作品を制作。 39年チューリヒの博覧会壁画スイス,憩いの国』を制作。その抽象形体と写実主義とを総合した試みにより注目を浴びる。 1940年代以後,ピカソアルプ,ミロ,モンドリアンらの影響のもとに写実抽象主義シュルレアリスムが混和する独自の作風を展開。特に線描表現が重要な要素となる。中心テーマとしては,工業化社会における人間や人種的偏見,発展途上国の紛争などが扱われ,表現手段も油絵,モザイク,フレスコ石版画陶画など多岐にわたる。また挿絵やポスターなど商業美術の分野でも活躍。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルニ
えるに
Hans Erni
(1909― )

スイスの画家、彫刻家、デザイナー。ルツェルン生まれ。建築事務所での見習いを経て、ルツェルン、パリ、ベルリンで美術を学ぶ。1935年に最初の絵画展をルツェルンで開く。スイスを中心に公共施設や国際博覧会において数多くの壁画を制作し、また、ザルツブルクやチューリヒで上演されるオペラ作品(モーツァルト、ストラビンスキー)の舞台装置や衣装デザインも手がける。その活動領域は、セラミック、タペストリーなど、ほとんどあらゆるジャンルに及んでいるが、闊達(かったつ)な線描によるポスター・デザイン、本の装丁、イラストレーションの仕事がもっともよく知られている。77年に「ハンス・エルニ財団」、79年には「エルニ美術館」がルツェルンに設立された。
 エルニは90歳を超えても現役で活躍し、2000年1月にはジュネーブにある「世界経済フォーラム」(世界の大手企業などで組織する民間団体)の国際会議センターのホールに、風力、水力、海洋あるいはバイオエネルギーなどの、いわゆるクリーンエネルギーをテーマとする作品『CLEAN ENERGY 2000』を制作、設置した。[村田 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エルニの関連キーワードコイバ国立公園とその海洋保護特別地帯インド洋ダイポールモード現象エルニーニョ監視センターゴジラ・エルニーニョダイポールモード現象太平洋数十年規模振動地球シミュレータープエルトプリンセサクロムウェル海流亜熱帯季節風気候熱帯降雨観測計画エルニーニョ現象テレコネクションA. スティール数値予報モデルトライトンブイエルニーニョ説ウオーカー循環ラニーニャ現象エルニーニョ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルニの関連情報