エルフ(英語表記)elf

翻訳|elf

世界大百科事典 第2版の解説

エルフ【Elf】

チュートン民話に出てくる魔力をもつ小人。エルフの名は古代ノルウェー語álfrより派生し,古代チュートン語でalboz,西部サセックスではylfe,ケントではelf,またノーサンバーランドではlfという古い形が残っている。このlfは古代高地ドイツ語alp(夢魔の意)より派生している。アングロ・サクソン時代にはエルフはspirit(精霊)を意味し,魔法使いから妖精まですべて包括していた。時代が下るにつれ意味が狭まり,花々の間を動き回るスカンジナビアの明るい妖精に類似したものだけに限られてゆく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エルフ【elf】

チュートン(古代ゲルマン民族の)神話に出てくる魔力をもった小人。小妖精。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルフ
えるふ
elf英語
Elfドイツ語

超自然的な精霊、あるいは妖精(ようせい)。すべてのゲルマン種族の間にその存在を知られるが、イメージは一様でない。シェークスピアやドイツの詩人ビーランドが描くエルフは風の精のイメージが強いが、北欧の民間信仰では祖先の霊とされ、またアイスランドの学者スノッリ・スツルソンは、これを光と闇(やみ)の2種の妖精に区別している。
 エルフは柄(がら)は小さいが、知力、狡猾(こうかつ)さ、器用さでは人間に勝る。人間界には属さずに森や山、空気中に住むが、人間に脅威を与える巨人と違ってしばしば人助けをし、また意地悪もする。そして起源に応じてさまざまな外観をとるが、光や空気中に住むものは美しく輝き、地中に住むものは黒くて醜い。また山や家の敷居の下、梁(はり)の中などに住むものは非常に小さいとされる。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

エルフ

〘名〙 (elf) イギリスの民間伝説上の小さな妖精。しばしば隊を作って森や丘、荒野などに住み、いたずらをすると想像されている。
※F・O・U(1926)〈佐藤春夫〉「言はば彼等は近代のエルフなのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルフの関連情報