コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・グレコ エル・グレコEl Greco

翻訳|El Greco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エル・グレコ
El Greco

[生]1541. クレタ島,カンディア
[没]1614.4.7. スペイン,トレド
スペインの代表的画家。本名 Doménikos Theotokópoulos。ベネチア,ローマで修業し,ベネチア派,特にティントレットとヤコポ・バッサーノの影響を受けた。のちにスペインに渡り,1577年以降はトレドに定住し,スペイン美術の伝統を吸収しながら独自の画風を確立し,優れた宗教画,肖像画を数多く残した。1586年,サント・トメ聖堂の『オルガス伯爵の埋葬』で不動の名声を確立。これは下半部の埋葬場面では先鋭な写実力を示し,上半部の天上界の描写では奔放な幻想性をみせる神秘的な宗教画である。その他の作品には『聖衣剥奪』(1577~79,トレド大聖堂),『聖マウリティウスの殉教』(1580~82,エルエスコリアル修道院),『ラオコーン』(1610~14,ワシントンD.C.,ナショナル・ギャラリー)などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エル・グレコ

グレコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エル・グレコ
えるぐれこ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエル・グレコの言及

【グレコ】より

…本名はドメニコス・テオトコプロスDomēnikos Theotokopoulos。クレタ島のカンディアに生まれたところからエル・グレコ(ギリシア人の意)の通称で知られる。1566年のカンディアの記録にはすでに職業画家(マイストロ)とあり,ポスト・ビザンティン様式のイコンの画家であったと思われる。…

※「エル・グレコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エル・グレコの関連キーワードDomēnikos Theotokopoulosモラレス(Luis de Morales)ナショナル・ギャラリー[ワシントン]トーマス・ハート ベントングレコ(El Greco)フィリップス・コレクションシュテファン アンドレスグレゴーリオ マラニョンイグナシオ スロアーガゴメス・デ・ラ・セルナ無原罪の御やどりオルガス伯の埋葬カタルニャ美術館大原美術館本館サントトメ教会フェストデイクプラド美術館マニエリスム須田 国太郎リール美術館

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エル・グレコの関連情報