エーベルト(Max Ebert)(読み)えーべると(英語表記)Max Ebert

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーベルト(Max Ebert)
えーべると
Max Ebert
(1879―1929)

ドイツの考古学者。ベルリン大学で学び、ベルリン国立博物館、ケーニヒスベルク大学(現、イマヌエル・カント・バルト連邦大学)、リガ大学を経て、1927年にコッシナGustaf Kossina(1858―1931)の後任としてベルリン大学教授となる。バルト海沿岸地方などの先史時代を研究したが、もっとも大きな業績は『先史学大事典』(1924~1932)の編集・刊行事業で、全ヨーロッパの学者を動員したこの大事典は、以後の考古学研究の基礎を築くものであった。

[寺島孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android