コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイルショック おいるしょっく

4件 の用語解説(オイルショックの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オイルショック

1973年の第4次中東戦争、79年のイラン革命端を発する石油の供給危機。これにより、石油価格が高騰。先進各国は不況とインフレの同時進行で大きな打撃を受けた。日本でも石油関連製品の買占めなどにより、「狂乱物価」という現象が起き、スーパーの店先などで商品を奪い合うパニックが発生することもあった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オイル‐ショック

《〈和〉oil+shock》アラブ産油国の原油生産削減と価格の大幅引き上げが、石油を主なエネルギー資源とする先進工業諸国に与えた深刻な経済的混乱のこと。第一次は昭和48年(1973)、第二次は昭和54年(1979)。石油危機

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オイルショック【oil shock】

1973年の第四次中東戦争を機にアラブ産油国が原油の減産と大幅な値上げを行い、石油輸入国に失業・インフレ・貿易収支の悪化という深刻な打撃を与えた事件(第一次)。また、1979年のイラン革命に伴って産油量が減り、原油価格が急騰した事件(第二次)。石油ショック。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイルショック
オイルショック

石油危機」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オイルショックの関連キーワード佐賀関ドーパ伊方きらら館きなはい屋しろかわ瀬戸農業公園津松阪港布施ヶ坂ゆすはら萩陶芸家協会アッタロス[1世]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オイルショックの関連情報