コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオイタドリ Reynoutria sachalinensis(Polygonum sachalinense)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオイタドリ
Reynoutria sachalinensis(Polygonum sachalinense)

タデ科の大型の多年草で,本州中部から北海道,サハリン千島までに分布する。茎は太く強壮,上部でよく分枝して高さ1~3mになり,全体が弓状に傾く。葉は互生し,長卵形または卵形で大きく,長さ 15~30cm,幅 10~20cm,基部は心形となり,裏面は白色を帯びる。花は夏に開き,葉腋や枝先に円錐花序をつくる。雌雄異株雄花では白色の花被が5裂し,8本のおしべがある。雌花ではめしべ花柱の先が3裂し,花被は花後大きくなって果実を包み翼状になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオイタドリ
おおいたどり / 大虎杖
[学]Polygonum sachalinense Fr. Schm.

タデ科の大形多年草。茎は高さ1~3メートル、全体に粉白を帯び、やや弓状に屈曲する。葉は卵形で先は鋭くとがり、長さ15~30センチメートル、基部は心臓形で両面葉脈に沿って短毛があり、裏面は著しく粉白を帯び、厚い洋紙質。葉鞘(ようしょう)は乾膜質。雌雄異株。花期は8~9月、枝先の上部葉腋(ようえき)に円錐(えんすい)花序をつけ、花序には密に毛がある。花被(かひ)は白色。北海道、本州の中部地方以北の山地谷間の湿り気の多い所に群生し、千島、樺太(からふと)(サハリン)、鬱陵島(うつりょうとう)に分布する。イタドリに似るが、全体に大形で粉白を帯び、葉の基部が心臓形であるなどの点で異なる。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオイタドリの言及

【イタドリ】より

…ヨーロッパへは,1840年代中期にシーボルトにより,飼料植物として導入された。現在北アメリカやヨーロッパでは,オオイタドリP.sachalinense Fr.Schm.とともに,大型の茎葉を観賞するために,庭園に植えられる。また,そこから逸出し,帰化植物となり広く分布している。…

※「オオイタドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オオイタドリの関連キーワード犬虎杖

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android