コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオイタドリ オオイタドリ Reynoutria sachalinensis(Polygonum sachalinense)

2件 の用語解説(オオイタドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオイタドリ
オオイタドリ
Reynoutria sachalinensis(Polygonum sachalinense)

タデ科の大型の多年草で,本州中部から北海道サハリン,千島までに分布する。茎は太く強壮,上部でよく分枝して高さ1~3mになり,全体が弓状に傾く。葉は互生し,長卵形または卵形で大きく,長さ 15~30cm,幅 10~20cm,基部は心形となり,裏面は白色を帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオイタドリ
おおいたどり / 大虎杖
[学]Polygonum sachalinense Fr. Schm.

タデ科の大形多年草。茎は高さ1~3メートル、全体に粉白を帯び、やや弓状に屈曲する。葉は卵形で先は鋭くとがり、長さ15~30センチメートル、基部は心臓形で両面葉脈に沿って短毛があり、裏面は著しく粉白を帯び、厚い洋紙質。葉鞘(ようしょう)は乾膜質。雌雄異株。花期は8~9月、枝先の上部葉腋(ようえき)に円錐(えんすい)花序をつけ、花序には密に毛がある。花被(かひ)は白色。北海道、本州の中部地方以北の山地谷間の湿り気の多い所に群生し、千島、樺太(からふと)(サハリン)、鬱陵島(うつりょうとう)に分布する。イタドリに似るが、全体に大形で粉白を帯び、葉の基部が心臓形であるなどの点で異なる。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオオイタドリの言及

【イタドリ】より

…ヨーロッパへは,1840年代中期にシーボルトにより,飼料植物として導入された。現在北アメリカやヨーロッパでは,オオイタドリP.sachalinense Fr.Schm.とともに,大型の茎葉を観賞するために,庭園に植えられる。また,そこから逸出し,帰化植物となり広く分布している。…

※「オオイタドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオイタドリの関連キーワードタデ(蓼)御蓼桜蓼笹百合びらんじ岩弁慶姫鍬形チシマギキョウハンゴンソウミヤマキンバイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオイタドリの関連情報