コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカバマダラ Danaus plexippus; monarch butterfly; milkweed butterfly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオカバマダラ
Danaus plexippus; monarch butterfly; milkweed butterfly

鱗翅目マダラチョウ科。移動性のチョウの代表としてよく知られる。前翅開張幅約 80mm。翅は橙色の地で,外縁に沿って太い黒色部があり,前翅の先端部は黒色で白色点紋を散らし,暗褐色部もある。後翅は中央内外方にある1黒紋が目立つ。アフリカを除く世界の熱帯地方に広く分布し,北アメリカではカナダにまでみられる。アメリカ合衆国カリフォルニアのモントレーの集団越冬地は有名。暖かくなると,ここから北へと移動していく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オオカバマダラ【Danaus plexippus】

鱗翅目マダラチョウ科の昆虫。米名はmonarch,monarch butterfly,英名はmilk‐weed butterfly。昭和初期までは沖縄,小笠原諸島にふつうであったが,近年は日本に定住していない。アメリカ大陸の原産であるが,現在はオセアニアをはじめ,カナリア諸島まで分布している。イギリスでは19世紀末から迷チョウがたびたび記録されている。中型,開張は9.5cm前後。雌は雄より少し大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオカバマダラ
おおかばまだら / 大樺斑蝶
monarchmilkweed butterfly
[学]Danaus plexippus

昆虫綱鱗翅(りんし)目マダラチョウ科に属するチョウ。もともと南・北アメリカ原産の種であるが、太平洋の諸島や東洋熱帯にも分布し、これらの地域にはトウワタの栽培とともに二次的に広がったものといわれている。移動性の強い種で、群れをつくってアメリカ大陸から大西洋を経てヨーロッパに渡った例も知られている。日本では1950年(昭和25)に東京都下で2例の発見例があるほか、58年には奄美(あまみ)大島で発生がみられたが、これらは迷チョウまたは迷チョウに基づく一時的な発生である。アメリカでは夏季はカナダ南部まで分布するが、冬季は合衆国南部のカリフォルニア州、フロリダ州、あるいはメキシコまで移動し、集団をつくって越冬する。幼虫の食草はガガイモ科植物のトウワタである。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオカバマダラの関連キーワードオオカバマダラの生物圏保護区渡りチョウトウワタ白水飛翔

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオカバマダラの関連情報