コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオタニワタリ(大谷渡り) オオタニワタリAsplenium antiquum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオタニワタリ(大谷渡り)
オオタニワタリ
Asplenium antiquum

チャセンシダ科の常緑性シダ植物。伊豆諸島,紀伊半島以西の山地の岩上や樹上に着生する。また観葉植物として温室で栽培される。塊状根茎から放射状に多数の葉を出す。葉は単葉で,長さ 40~120cm,表面は光沢のある鮮緑色。ごく似た種類にシマオオタニワタリがある。園芸界では属名のアスプレニウムで呼ばれることも多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オオタニワタリ(大谷渡り)の関連キーワードチャセンシダ科大島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android