コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオハシ(大嘴) オオハシ toucan

翻訳|toucan

1件 の用語解説(オオハシ(大嘴)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオハシ【オオハシ(大嘴) toucan】

キツツキ目オオハシ科Ramphastidaeの鳥の総称。その名のように,非常に大きなくちばしをもつことで,サイチョウ類とともに有名である。巨大なくちばしは,種によっては体長ほどあるが,内部は骨質の繊維が網目状に走っていてたいへんに軽い。全長30~60cmの中・大型の鳥で,眼の周囲の皮膚が裸出し,尾は長く,強力な脚は対趾足(たいしそく)である。羽色は雌雄同色で,赤色,黄色,緑色,青色,白色,黒色などのはでな色彩をしていて,くちばしも鮮やかな色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオハシ(大嘴)の関連キーワード大頭大嘴啄木鳥寺啄奥伊勢木つつ木館大橋順蔵大橋宗伝大橋重雅大橋道仙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone