コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオメハタ Malakichthys griseus

世界大百科事典 第2版の解説

オオメハタ【Malakichthys griseus】

スズキ目スズキ科の海産魚(イラスト)。本州中部以南,台湾,フィリピンなどに分布する。ウミブナと呼ばれることもある。高知とその周辺でオキアマギ,フナ,タイショオ,オキフナなどという。体は側扁して平たく,眼と口が大きい。全長20cmを超える。体色銀白色で,背部はやや茶褐色みを帯びている。釣人はこの体色とムツに似ているところからシロムツと呼んでいる。おもに沿岸の砂泥底にすむが,ときに岩礁域で釣れることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオメハタ
おおめはた / 大目羽太
silvergray seaperch
[学]Malakichthys griseus

硬骨魚綱スズキ目スズキ科に属する海水魚。南日本から中国、フィリピンに分布し、やや深海にすむ。全長20センチメートルに達し、体は楕円(だえん)形で側扁(そくへん)する。目はきわめて大きい。背びれには深い欠刻がある。口は大きく、下あごは上あごより突出。体色は背方が黄褐色で、腹方は銀白色を帯びる。近縁種にワキヤハタ、ナガオオメハタなどがいる。冬季、底引網で漁獲され、練り製品の材料にされる。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオメハタの関連キーワード片山正夫