コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキシトシン oxytocin

翻訳|oxytocin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキシトシン
oxytocin

ピツイトリンとも呼ばれていた下垂体後葉ホルモン。子宮筋の収縮促進作用があるので陣痛誘発剤として使われるが,乳汁分泌作用もある。9個のアミノ酸と 1個の S=S結合をもつペプチドホルモンである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オキシトシン

子宮収縮ホルモン。ピトシンとも。脳下垂体後葉ホルモンの一種で,子宮平滑筋を収縮させ,また乳腺筋繊維を収縮させて乳汁の分泌を促す作用をもつ。黄体ホルモンの支配下にある子宮には作用しない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

オキシトシン

 C43H66N12O12S2 (mw1007.20).

 子宮収縮ホルモンともいう.視床下部で生合成され神経分泌顆粒の形で軸索を通って下垂体後葉に至り,貯蔵され分泌される.9個のアミノ酸からなるホルモンで,出産時に子宮収縮を促し,授乳時に泌乳を促す活性がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オキシトシン【oxytocin】

下垂体後葉ホルモンの一つ。強い子宮収縮作用をもち,分娩時に大きな役割を果たすと考えられている。下垂体後葉に子宮収縮作用をもつホルモンが存在することは以前から知られていたが,1953年にデュ・ビニョーV.du Vigneaud(1901‐78)らによって,9個のアミノ酸からなるオキシトシンの化学構造が解明され,同年初めて生理活性をもつポリペプチドとして合成された。分子量約1000。脳内の視床下部の室旁核や視索上核で生合成され,神経繊維の軸索を通って脳下垂体後葉に運ばれて貯留され,刺激に応じて分泌される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オキシトシン【oxytocin】

脳下垂体後葉ホルモンの一種。子宮筋に収縮を起こさせ、分娩を促すほか、乳腺の平滑筋を収縮させて乳汁の分泌を促す。哺乳類に広く分布。子宮収縮ホルモン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

オキシトシン

脳の下垂体後葉から分泌されるホルモンの一つ。出産時の子宮収縮、母乳分泌などに関わるホルモンとして1906年に発見された。近代以降、子宮収縮薬や陣痛促進剤を始めとし、医薬品として広く使用されている。90年代半ばからは脳内での働きについての研究が進み、オキシトシンは性別年齢に関係なく生成されることや、母性愛・男女の愛情・信頼などに関係し、愛撫や抱擁といった行為で分泌されることが分かってきた。これまでに「オキシトシンを投与されると相手への信頼が増す」「オキシトシンの血中濃度が自閉症の患者や虐待を経験した母親などで低い」「自閉症スペクトラム障害の人に投与するとコミュニケーション障害の改善効果がある」など多数の実験結果が出ており、「愛情ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」などと俗称される。2014年8月現在、米国などでオキシトシンを含むスプレーやボディーオイルなどが市販されており、気分の安定・ストレスへの耐性向上・幸福感を得やすくなるなどの効果がうたわれている。

(2014-8-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキシトシン
おきしとしん
oxytocin

脳下垂体後葉から分泌されるペプチドホルモンの一種で、9個のアミノ酸が重合したものである。
 1952年V・デュ・ビニョーにより、ペプチドであることが確かめられた。生理活性をもったペプチドとして最初に化学合成された。語源はギリシア語の「早く生まれる」という意味で、子宮収縮ホルモンとして知られている。発情ホルモン(卵胞ホルモン)の影響下にある出産時の子宮平滑筋の収縮により、陣痛をおこさせ、またプロスタグランジンの合成を促す。さらに乳の分泌を促し授乳に備える。黄体ホルモンの作用を受けている妊娠中の子宮には働かない。標的となる細胞膜上にはオキシトシン受容体とよばれるタンパク質があり、オキシトシンはこのタンパク質と結合し、細胞に作用する。出産時には陣痛をおこさせる薬品として使われることがある。
 脳下垂体後葉から分泌されるもう一つのペプチドホルモンであるバソプレッシンは、オキシトシンに比べてわずか1、2個のアミノ酸が入れ換わったものであるが、その生理作用はまったく異なり、血圧上昇ホルモンとして知られ、血圧をあげるほか、腎臓(じんぞう)で水分を再吸収し尿量を調節するために抗利尿ホルモンともよばれる。また、子宮筋の収縮を抑制するというバソプレッシンには3種の受容体が知られている。[菊池韶彦]
『日本比較内分泌学会編『ホルモンの分子生物学3 生殖とホルモン』(1998・学会出版センター)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオキシトシンの言及

【脳下垂体】より

…このような放出ホルモンまたは放出因子とは逆に,放出を抑制するホルモン,すなわちホルモン放出抑制ホルモンinhibiting hormone(IH)もあり,プロラクチン放出抑制ホルモン(PIH),成長ホルモン放出抑制ホルモン(ソマトスタチン)などがみつかっている。
[後葉と後葉ホルモン]
 神経下垂体の後葉からは,オキシトシンoxytocin(OT)とバソプレシンvasopressin(VP)の二つのホルモンが出されるが,これらのホルモンは後葉で生合成され,分泌されるものではない。視床下部にある視索上核や室旁核の神経細胞で産生されたホルモンが,後葉にまでのびた神経突起の中を下降し貯留されたもので,刺激に応じて分泌されるのである。…

【催乳薬】より

プロラクチンは催乳ホルモンではあるが,その効果発現には,副腎皮質,甲状腺や卵巣などに由来する各種の他のホルモンの関与が必要とされるため,この製剤の適用によってあらゆる場合に催乳効果を上げることは期待しがたい。また,近年,プロラクチンの作用発現には脳下垂体後葉から分泌されるオキシトシンも関係していると考えられるようになった(これは子宮収縮ホルモンであるが,分娩後の乳房に貯留した乳汁を射出させる効果も現す)。精神科領域で用いられる医薬品のうちドーパミンに拮抗する作用をもつ薬物のなかには,男女両性に妊娠と無関係に乳汁分泌を起こすものもあるが,この効果はあくまでその薬の副作用で,治療目的には応用されていない。…

【子宮収縮薬】より

…脳下垂体後葉ホルモンと麦角アルカロイド製剤が用いられるが,最近になってプロスタグランジンも用いられるようになった。脳下垂体後葉ホルモンのうちオキシトシンは,9個のアミノ酸からなるペプチドで,子宮収縮作用が強く(似た構造をもつバソプレシンは血圧上昇作用および抗利尿作用が強い),陣痛の弱いときに分娩促進薬として繁用される。麦角は,ライムギの根に寄生する子囊菌類麦角菌の菌核の乾燥体で,代表的な成分はエルゴタミンとエルゴメトリンである。…

【授乳】より

… 母の側についていえば,子が乳首を吸う刺激が神経を介して脳下垂体に至り,脳下垂体前葉からプロラクチンが分泌され,それが乳腺細胞の乳汁分泌を促す。と同時に,脳下垂体後葉からは,乳首を吸われる刺激に加えて,精神的刺激によって(子どもの泣声を聞いたり,子どものことを思い浮かべるだけで),オキシトシンが分泌され,それが血行を介して乳腺細胞群のまわりにある筋上皮細胞に作用して収縮させる。これによって,乳が乳首から射出され(射乳反射let‐down reflex),また子宮の収縮,つまり産後の子宮の復古を促す。…

【乳】より

…双の乳房を切り落とされるという拷問に耐え,一夜にしてもとどおりの胸にもどった彼女の奇跡が,乳の出を促すための祈りの対象となった契機である。 脳下垂体後葉が分泌するオキシトシンには,乳腺や乳管の壁の筋上皮細胞層を収縮させる作用がある。乳児によって乳首を吸われる刺激だけでなく,外出から帰宅してわが子の顔を見たり泣声を聞いたりしても,このホルモンが分泌されるので,乳首から乳汁がほとばしって出てくる(神経内分泌反射)。…

【乳房】より

…乳頭と乳輪の皮膚には神経の終末が豊富である。乳児が乳頭を吸うと,この神経が刺激され,興奮は間脳の神経分泌核に達してオキシトシンが下垂体後葉から血中に分泌される。このホルモンが乳腺の筋上皮細胞を収縮させる作用をもつので,乳汁が勢いよく放出されることになる。…

【乳腺】より

…妊娠中の乳腺では,この管系の先端が細胞分裂して円柱状の分泌細胞となり,分娩後は乳汁の脂肪とタンパク質(カゼイン)を盛んに産生し放出する。乳児が乳頭を吸うと,そこに分布する神経が刺激され,興奮が視床下部に達し,オキシトシンというホルモンが下垂体後葉の血管中に放出される。オキシトシンは血液とともに乳腺に到来し,その筋上皮細胞を収縮させるので,乳腺の管腔内にたまっている乳汁がほとばしり出る。…

【脳下垂体】より

…このような放出ホルモンまたは放出因子とは逆に,放出を抑制するホルモン,すなわちホルモン放出抑制ホルモンinhibiting hormone(IH)もあり,プロラクチン放出抑制ホルモン(PIH),成長ホルモン放出抑制ホルモン(ソマトスタチン)などがみつかっている。
[後葉と後葉ホルモン]
 神経下垂体の後葉からは,オキシトシンoxytocin(OT)とバソプレシンvasopressin(VP)の二つのホルモンが出されるが,これらのホルモンは後葉で生合成され,分泌されるものではない。視床下部にある視索上核や室旁核の神経細胞で産生されたホルモンが,後葉にまでのびた神経突起の中を下降し貯留されたもので,刺激に応じて分泌されるのである。…

※「オキシトシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オキシトシンの関連キーワード黒色素胞刺激ホルモン抑制因子ビンセント デュ・ビニョー視床下部下垂体機能障害乳房のしくみとはたらきグリシン(アミノ酸)陣痛誘発のいろいろ脳下垂体ホルモン剤イソロイシン分娩監視装置バソプレシンペプチド結合デュビニョーホルモン剤バソトシン分娩誘発法分娩誘発剤子宮収縮剤臓器療法微弱陣痛哺乳類

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オキシトシンの関連情報