コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクタウィア Octavia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オクタウィア
Octavia

[生]前69
[没]前11
ローマ皇帝アウグスツスの姉。ガイウス・オクタウィウスとアチアの娘。前 54年ガイウス・マルケルスと結婚し,1男2女を産んだが,前 40年マルケルスが死ぬと,当時三頭政治の成員であった M.アントニウスと弟オクタウィアヌス (アウグスツス) とのブルンディシウムの和の固めとしてアントニウスと結婚,2女を産んだ。しかし前 36年アントニウスはパルティア遠征におもむき,東方でクレオパトラ7世との情事を復活。前 35年兵員や物資を補給してアテネまできたオクタウィアは追返され,前 32年離婚された。彼女はアントニウスと前妻フルウィアとの子,クレオパトラの子らを実子とともに誠実に養育し,世人の尊敬と同情を得た。

オクタウィア
Octavia

[生]40
[没]62. パンダテリア島
ローマ皇帝クラウディウス1世と妃メッサリナの娘。初めユニウス・シラヌスと幼少時より婚約関係にあったが,ネロの母アグリッピナ (小) の策動によりシラヌスは婚約解消と自殺に追込まれ,53年ネロと結婚させられた。しかしネロに冷遇され,ネロは 62年ポッパエア・サビナと結婚するため,彼女を初め不倫,のちに不妊の口実で離婚し,カンパニアに追放した。しかし民衆が騒ぎ出すと,再び彼女は不倫と謀反の罪を着せられ,パンダテリア島に流され,処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オクタウィア【Octavia】

?‐前11
ローマ皇帝アウグストゥスの姉。最初の夫マルケルスG.C.Marcellusの死後,オクタウィアヌス(アウグストゥス)派とアントニウス派の和約のあかしとして,前40年アントニウスと結婚したが,両派の対立が深まるなかで前32年には離婚を余儀なくされた。実子たちと共に,アントニウスがクレオパトラ等に生ませた子供たちまで養育したことから,彼女の情味あふれる行為は当時の人々の胸を打ったと言われる。【本村 凌二】

オクタウィア【Octavia】

40‐62
ローマ皇帝ネロの最初の妃。クラウディウス帝とメッサリナの間に生まれ,53年ネロと結婚したが,夫にうとんじられ,62年には不妊を理由に離婚を言い渡された末に,カンパニアに追放された。復帰の風聞が民衆の期待を集めると,ネロは姦通と反逆罪のかどでパンダテリアに追放した後,処刑した。彼女の悲劇的な運命は伝セネカ作《オクタウィア》としてネロの死後劇化されている。【本村 凌二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオクタウィアの言及

【アウグストゥス】より

…嫡子に恵まれなかったカエサルの愛顧を受け,アフリカ凱旋やスペイン遠征にも同伴した。生涯の友アグリッパと共にアポロニア遊学中に,カエサルの暗殺とその遺言による養子相続人への指名を伝え聞き,帰国後名門ユリウス氏族の後継者としてガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌスGaius Julius Caesar Octavianusと名のった。資産相続の正当性をめぐってカエサル派の実力者アントニウスとは不和になったが,暗殺者の共和派の残党を追撃するなかで和解が成立した。…

※「オクタウィア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オクタウィアの関連キーワードアントニウス(古代ローマ軍人)チリダテス2世[古代イラン]サルウィディエヌス・ルフスドミチウス・アヘノバルブスカニディウス・クラッススアントニーとクレオパトラアントニウス・アンチルスアクティウムの海戦アグリッピナ(小)セネカ(小セネカ)プラエテクスタ劇ウィトルウィウスアントニア(小)アクチウムの海戦アントニア(大)アルタウァスデスフィリッピの戦エウリュクレススクリボニウスオクタビアヌス

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android