オクラ(読み)おくら(英語表記)okra

翻訳|okra

日本大百科全書(ニッポニカ)「オクラ」の解説

オクラ
おくら
okra
[学] Abelmoschus esculentus Moench

アオイ科(APG分類:アオイ科)の多年草。アメリカネリともいう。熱帯では高さ6メートルにもなるが、わずかの霜でも枯死するので日本では一年草として栽培する。高さ1~2メートル、互生し15~30センチメートル、掌状に3~5裂し、長い葉柄がある。夏から秋に葉腋(ようえき)から、乳白色で中心が赤色の直径5~7センチメートルの花を開き、開花時は夜から早朝までで、昼までにはしぼむ。花弁は薄質で5枚、縦筋が多数あり、螺旋(らせん)状に重なり合う。雄しべは多数が合一して単体となり、柱頭は5裂する。莢果(きょうか)は長さ10~30センチメートルで、5稜(りょう)の角(つの)状で先がとがり、表面には硬い短毛をもち、熟すと木質化する。種子は球形で直径5ミリメートル。普通は直播(じかま)きで春に種子を播くが、種子は硬で発芽には25℃程度の温度を要する。小苗を移植することもできる。開花後2~4日を経て、長さ4~8センチメートルになった軟らかい幼果を収穫する。

[星川清親 2020年4月17日]

料理

花期後数日の若い小さい莢(さや)を種子ごと食用にする。軽く湯がいて輪切りにし、かき混ぜるとぬめりが出て、独特の味わいがある。鮮緑色で、五角形星形の切り口に白くて丸い種子が並び、形もおもしろく美しい。和(あ)え物やサラダにする。ワカメやとろろともよくあい、梅干しの肉で和えても美味である。納豆に混ぜてもよい。てんぷらやフライにもされ、吸い物、スープ、ポタージュにもよい。完熟した種子は煎(い)ってコーヒーの代用にされる。

[星川清親 2020年4月17日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

食の医学館「オクラ」の解説

オクラ

《栄養と働き&調理のポイント》


○栄養成分としての働き
 アフリカ東北部が原産のオクラは、断面が五角形の星形になるユニークな形と、独特のヌメリが特徴。このヌメリのもととなっているのは、水溶性食物繊維のペクチンと多(たとうるい)の混合物です。これらの成分には整腸作用があり、便秘(べんぴ)にも下痢(げり)にも効果的に働きます。腸内コレステロールや胆汁酸(たんじゅうさん)の吸収を妨げる働きもあるので、動脈硬化症胆石症(たんせきしょう)の予防にも効果があります。
 旬(しゅん)は7~9月なので、夏バテ防止のためにも積極的に食べたい野菜の1つです。
 アルコールから胃壁をまもる働きもあり、お酒のおつまみにも最適。
 また、糖の吸収をゆっくりさせる働きがあるので、糖尿病予防にも役立ちます。
 その他の成分としてたんぱく質カロテンカルシウム、鉄、ビタミンB1、Cが豊富です。
 オクラは生で食べるのが理想的。刻んで和えものやオクラ納豆に。ゆでるときは短時間にしましょう。スープやカレーなどの煮込み料理に使えば、栄養成分を無駄なくとれます。

出典 小学館食の医学館について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オクラ」の解説

オクラ
Hibiscus esculentus; okra

アオイ科の一年草で,熱帯アジア原産。は高さ 2mに達し,葉は心臓形で5裂する。夏,葉腋に黄色で中央が紅色の花をつけ,5弁でワタの花に似ている。果実は長さ 12cmぐらいの五角柱状の 蒴果で,若いものをガンボ gumboといい,ゆでてスープやシチューなどに入れる。ペクチン,ガラクタン,アラバンなどから成る粘液を含むため,ねばねばする。熟した種子は黒色または褐色で,炒ってコーヒーの代用にすることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「オクラ」の解説

オクラ

〘名〙 (okra) アオイ科の一年草。東北アフリカ原産で、原産地では小高木となる。高さ〇・六~二メートル。全株に粗毛がある。葉は長い柄があって互生し、掌状に三~五深裂する。花は黄色で中央が赤く、五弁で直径五~七センチメートル。実は長さ一二~三〇センチメートルのさやで五本の稜があり、熟すと木質化する。若い三センチメートル内外の実は食用。アメリカネリ。《季・秋》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「オクラ」の解説

オクラ

全世界の温〜熱帯で栽培されるアオイ科の野菜。明治初年に渡来。全草トロロアオイに似て,高さ約2m,葉は5裂し,夏,葉腋に黄色花を開く。食用にするのは未熟の果実で,9cm程度の柔らかいさやを食べる。ぬめりがあって舌ざわりがよく,生食あるいはサラダ,スープの実などにする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「オクラ」の解説

オクラ(okra)

アオイ科の多年草。日本では一年草。高さ0.5~2メートル。葉は3~5裂し、長い柄をもち互生。夏から秋、黄色い5弁花を開く。実は角状で、若いものを食用にする。アフリカ北東部の原産。アメリカねり陸蓮根(おかれんこん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「オクラ」の解説

オクラ

 [Abelmoschus esculentus].アオイ目アオイ科オクラ属の一年草の朔果.世界で広く食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「オクラ」の解説

オクラ【okra】

アオイ科の一年草(イラスト)。アメリカネリともいう。アフリカ北東部の原産で熱帯から温帯各地で栽培される。エジプトでは2000年以上も前に栽培されていたという。日本へは明治初期に導入されたが,栽培はきわめて少なく,近年ようやく普及してきた野菜である。草高0.5~2m。茎は1~数本に分枝し,淡緑だが暗赤緑色になるものもある。葉は深裂し,初夏に黄色で中心部が赤い花が葉腋(ようえき)に1花つき,夜から早朝にかけて開花する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android