コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクラ オクラ Hibiscus esculentus; okra

8件 の用語解説(オクラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オクラ
オクラ
Hibiscus esculentus; okra

アオイ科の一年草で,熱帯アジア原産。茎は高さ 2mに達し,葉は心臓形で5裂する。夏,葉腋に黄色で中央が紅色の花をつけ,5弁でワタの花に似ている。果実は長さ 12cmぐらいの五角柱状の 蒴果で,若いものをガンボ gumboといい,ゆでてスープシチューなどに入れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オクラ(okra)

アオイ科の多年草。日本では一年草。高さ0.5~2メートル。葉は3~5裂し、長い柄をもち互生。夏から秋、黄色い5弁花を開く。実は角状で、若いものを食用にする。アフリカ北東部の原産。アメリカねり。陸蓮根(おかれんこん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オクラ

全世界の温〜熱帯で栽培されるアオイ科の野菜。明治初年に渡来。全草トロロアオイに似て,高さ約2m,葉は5裂し,夏,葉腋に黄色花を開く。食用にするのは未熟の果実で,9cm程度の柔らかいさやを食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

オクラ

 [Abelmoschus esculentus].アオイ目アオイ科オクラ属の一年草の朔果.世界で広く食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

おくら【オクラ】

《栄養と働き&調理のポイント
○栄養成分としての働き
 アフリカ東北部が原産のオクラは、断面が五角形の星形になるユニークな形と、独特のヌメリが特徴。このヌメリのもととなっているのは、水溶性食物繊維ペクチンと多糖類(たとうるい)のガラクタンなどの混合物で、ムチンと呼ばれています。これらの成分には整腸作用があり、便秘(べんぴ)にも下痢(げり)にも効果的に働きます。腸内コレステロールや胆汁酸(たんじゅうさん)の吸収を妨げる働きもあるので、動脈硬化症、胆石症(たんせきしょう)の予防にも効果があります。
 ムチンは胃の粘膜(ねんまく)をまもる作用もあるので、胃炎(いえん)や胃潰瘍(いかいよう)になりやすい人に適した食材です。旬(しゅん)は7~9月なので、夏バテ防止のためにも積極的に食べたい野菜の1つです。
 アルコールから胃壁をまもる働きもあり、お酒のおつまみにも最適。
 また、糖の吸収をゆっくりさせる働きがあるので、糖尿病予防にも役立ちます。
 その他の成分としてたんぱく質カロテンカルシウム、鉄、ビタミンB1、Cが豊富です。
 ムチンは水に溶けるので、生で食べるのが理想的。刻んで和えものやオクラ納豆に。ゆでるときは短時間にしましょう。スープやカレーなどの煮込み料理に使えば、栄養成分を無駄なくとれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

オクラ【okra】

アオイ科の一年草(イラスト)。アメリカネリともいう。アフリカ北東部の原産で熱帯から温帯各地で栽培される。エジプトでは2000年以上も前に栽培されていたという。日本へは明治初期に導入されたが,栽培はきわめて少なく,近年ようやく普及してきた野菜である。草高0.5~2m。茎は1~数本に分枝し,淡緑だが暗赤緑色になるものもある。葉は深裂し,初夏に黄色で中心部が赤い花が葉腋(ようえき)に1花つき,夜から早朝にかけて開花する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オクラ【okra】

アオイ科の一年草。アフリカ原産か。野菜として栽培されるものは、高さ1メートルほど。三~五裂する大形の葉を互生し、葉間にワタに似た薄黄色の五弁花を開く。果実は角つの状で、若いものを食用とする。アメリカネリ。ガムボ。青納豆。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オクラ
おくら
okra
[学]Abelmoschus esculentus Moench

アオイ科の多年草。アメリカネリともいう。熱帯では高さ6メートルにもなるが、わずかの霜でも枯死するので日本では一年草として栽培する。高さ1~2メートル、葉は互生し15~30センチメートル、掌状に3~5裂し、長い葉柄がある。夏から秋に葉腋(ようえき)から、乳白色で中心が赤色の直径5~7センチメートルの花を開き、開花時は夜から早朝までで、昼までにはしぼむ。花弁は薄質で5枚、縦筋が多数あり、螺旋(らせん)状に重なり合う。雄しべは多数が合一して単体となり、柱頭は5裂する。莢果(きょうか)は長さ10~30センチメートルで、5稜(りょう)の角(つの)状で先がとがり、表面には硬い短毛をもち、熟すと木質化する。種子は球形で直径5ミリメートル。普通は直播(じかま)きで春に種子を播くが、種子は硬実で発芽には25℃程度の温度を要する。小苗を移植することもできる。開花後2~4日を経て、長さ4~8センチメートルになった軟らかい幼果を収穫する。[星川清親]

料理

花期後数日の若い小さい莢(さや)を種子ごと食用にする。軽く湯がいて輪切りにし、かき混ぜるとぬめりが出て、独特の味わいがある。鮮緑色で、五角形星形の切り口に白くて丸い種子が並び、形もおもしろく美しい。和(あ)え物やサラダにする。ワカメやとろろともよくあい、梅干しの肉で和えても美味である。納豆に混ぜてもよい。てんぷらやフライにもされ、吸い物、スープ、ポタージュにもよい。完熟した種子は煎(い)ってコーヒーの代用にされる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オクラの関連キーワードおから栄養分異栄養異栄養症栄養表示栄養比率栄養不全経口栄養末梢非経口栄養臨床栄養

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オクラの関連情報