コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヒシバ(雄日芝) オヒシバEleusine indica; goose-grass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オヒシバ(雄日芝)
オヒシバ
Eleusine indica; goose-grass

イネ科の一年草。日当りのよい路傍や野原に生える代表的な雑草。北半球の温帯のほぼ全域に生じるが,日本では本州以南にごく普通にみられる。じょうぶなひげ根を出し,茎は群がって生え,抜きにくいのでチカラグサの別名もある。草丈は 30~50cm。夏,茎の先に傘形に分枝した緑色の花穂を出す。各枝の花穂は長さ5~8cm,その一側にだけ多数の小穂を密生する。小穂は扁平で数花から成り,芒 (のぎ) はない。雄日芝雌日芝に対する名で,メヒシバより大きい。また「日芝」というのは,夏の強い日ざしのもとで盛んに繁茂することによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オヒシバ(雄日芝)の関連キーワードギョウギシバ(行儀芝)

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android