コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヒシバ

百科事典マイペディアの解説

オヒシバ

イネ科の一年草。世界の熱帯〜暖帯に広く分布し,本州〜沖縄の路傍野原に普通にはえる。は高さ30〜60cm,しばしば分枝し,細長い線形の葉をつける。夏〜秋,掌状に開いた3〜6個の花軸を出し,その下側小穂を2列に密生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オヒシバ【goosegrass】

生活力の非常に旺盛なイネ科の雑草(イラスト)。元来北アフリカからインドの原産であろうが,現在では世界中の温帯から熱帯に広がり,日当りのよいところならおよそ本種を見ないところはなく,都会の舗装道路の割れ目敷石の間にさえも生えている。一年草で大きな株を作り,全体にある種の香りがある。茎は多少扁平で,高さは30~50cm,下方は多少斜上してまばらに枝分れする。葉は茎の根もとと節につき,茎とともに非常に強靱で,長さ20cm前後の線形で二つ折れとなり,鮮緑色で,縁に毛がまばらに生え,鞘(さや)も扁平である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オヒシバ
おひしば / 雄日芝
[学]Eleusine indica (L.) Gaertn.

イネ科の一年草。稈(かん)は硬く、株立ちして高さ30~80センチメートル。8~10月、稈の先に掌状花序をつけ、1~6本の穂状の小花序をつくる。小穂は3~10個の小花をもち、扁平(へんぺい)で無柄、小花序の片側に2列に並んでつく。果実は袋状の胞果となり、横しわがみられる。本州から沖縄、小笠原(おがさわら)の荒れ地や道端に生え、世界の熱帯から温帯にかけて広く分布する。名は、弱々しくみえるメヒシバに対していう。ときに栽培され、果実が大きく、穂状花序の幅が1センチメートルにも達するシコクビエE. coracana (L.) Gaertn.の原種にあたる。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オヒシバの関連キーワードごま葉枯病(ギニアグラス)すす葉枯病(シコクビエ)ギョウギシバ(行儀芝)相撲取草・すもとり草シコクビエ(四国稗)キマダラセセリコノマチョウ力草・力種シコクビエメヒシバ人里植物相撲取草知風草雄陽皺生活力相撲草雌日芝ひじわ力草日芝

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android