オピオイド(読み)おぴおいど(英語表記)opioid

日本大百科全書(ニッポニカ)「オピオイド」の解説

オピオイド
おぴおいど
opioid

中枢神経や末梢(まっしょう)神経などにある特異的受容体(オピオイド受容体)への結合を介して、強い鎮痛作用を示す物質の総称。植物由来のもの、合成・半合成されたもの、体内で産生されるものがある。オピオイド鎮痛薬は、とくに癌(がん)患者の緩和医療において、クオリティ・オブ・ライフ(QOL、生活の質)を重視したペインコントロールに積極的に使うことが主流である。そのほかに手術中・術後の痛み、外傷による痛み、長期間続く慢性痛などにも用いられる。WHO(世界保健機関)も癌性疼痛(とうつう)治療法として癌早期からの鎮痛薬使用をすすめ、痛みの増強に応じてオピオイド鎮痛薬を加えることを勧告している。近年、さらに優れた鎮痛効果を示す新薬や医療用麻薬に指定されていない内服薬も開発され、癌性疼痛のみならず慢性疼痛にも著効性が確認されているが、日本では導入が遅れている。ほかに坐薬(ざやく)や皮膚に貼る貼付(ちょうふ)薬などさまざまな剤形のものも開発され、注射薬としても皮下・筋肉・静脈注射用などの種類がつくられている。しかし基本的には医療用麻薬であり依存性の問題を残しているため、腰痛や関節痛、神経障害性疼痛ほかの慢性疼痛、および術中・術後の痛みや外傷痛など侵害受容性疼痛に対する使用は控えるべきという意見もある。医療に多用されるオピオイドには、リン酸コデイン、塩酸モルヒネ、オキシコドン、クエン酸フェンタニル、ペンタゾシンなどがある。オピオイド使用によるおもな副作用には便秘や吐き気・嘔吐(おうと)などがあり、硬膜外への麻酔薬投与時に掻痒(そうよう)感を伴うこともある。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵mini「オピオイド」の解説

オピオイド

人体の脳や末梢神経に存在するオピオイド受容体と結合する物質の総称。モルヒネに類似した鎮痛効果を示す。植物由来のものや、化学的に合成・半合成されたもの、体内で産生されるものがあるが、一般的には麻薬性鎮痛薬や合成鎮痛薬を指す。各種のがんや慢性疼痛などに対する痛みの治療薬として使用され、内服薬や肌に貼り付けて使うパッチタイプなどがある。乱用を避けるため、医師の指示のもとで適切に使用する必要がある。吐き気や眠気、便秘などの副作用を伴うことがあり、それらの症状を抑えるための薬と併用されることが多い。

(2020-10-29)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

化学辞典 第2版「オピオイド」の解説

オピオイド
オピオイド
opioid

モルヒネ様鎮痛作用を有する薬物.ケシから抽出するアヘンオピウム(opium,ヘロインの原料モルヒネを10% ほど含む)というのにちなんだ命名.外来のモルヒネ誘導体が結合する受容体には,本来内在のリガンドがあるはずであり,実際,そのようなペプチドやタンパク質が見つかった.これら内在のオピオイドは,オピオイドペプチドエンドルフィン(endogenous + morphine)とよばれる.[別用語参照]エンケファリン副じん皮質刺激ホルモン中の図

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「オピオイド」の解説

オピオイド(opioid)

《オピウム(阿片(あへん))に似た作用をもつことから》中枢神経などのオピオイド受容体と結合して、強い鎮痛作用を示す物質の総称。ケシからとれるアルカロイドやそれに似た働きをする合成薬、体内で合成されるエンドルフィンなどがある。→オピオイド鎮痛薬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「オピオイド」の解説

オピオイド

 モルヒネ様の作用をする非アルカロイド化合物の総称.ナロキソンもしくは他のモルヒネの阻害剤でその作用が阻害されるのが特徴.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android