オプティミズム

百科事典マイペディアの解説

オプティミズム

ラテン語optimus(〈最善〉)に由来する語。〈楽天観〉〈楽天主義〉〈楽観主義〉などと訳され,ペシミズムに対する。世界や人生の善なることを確信し,それを肯定する立場。ライプニッツ弁神論の一環としてのオプティミズムが有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オプティミズム【optimism】

楽天主義,楽観主義と訳される。ラテン語のオプティムスoptimus(最善の意)に由来し,世界や人生の価値や意義を究極的には肯定的に認める立場をいい,日常の用語としては,ものごとや事態のなりゆきをすべて良い方向に考える心理的傾向をいう。哲学の分野では古来諸種のタイプが知られるが,ライプニッツの学説に見られる考え方が典型的である。ライプニッツによれば,神は神の知性のうちにあるすべての可能な世界のうちから,最善の世界を選び創造した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オプティミズム
おぷてぃみずむ
optimism

楽天主義、楽観主義。世界や人生の意義を究極的には善なるものとする見方で、その反対がペシミズム(厭世観(えんせいかん))。原語は最善を意味するラテン語のオプティムゥムoptimumで、最善観とも訳される。ライプニッツによれば、神はあらゆる可能性のうちから最善のものを選んでこの世界を創造したのだから、被造物の有限性という意味での悪は必然的に存在するにしても、全体としてみられたこの世界は最善のものであり、悪の存在すら神の予定調和に貢献しているという。そのほか、悪は外見でしかなく、存在するすべてのものは善であるとする考えについて広くこのことばが用いられ、ストア学派、ヘーゲル、シャフツベリなどにも適用される。一般には、くよくよ心配しないで、人生に明るい見通しをもつ人々の生き方、ものの見方をいい、ときには、悪の問題を真剣に解決しようとせず、意図的に悪の存在から目を背けようとする精神態度に対してもいわれる。[伊藤勝彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオプティミズムの言及

【ペシミズム】より

…通常〈厭世主義〉と訳される。bonus(良い)の最上級optimumから造られたオプティミズム(楽天主義)と対をなす。18世紀初頭にライプニッツが,およそ可能なあらゆる世界のうち,ただ一つ神によって現実化されたこの世界は,最も良い世界だと主張し,その思想がオプティミズムと呼ばれたが,それにならって,19世紀初頭にイギリスのコールリジが物ごとの〈最悪の状態〉を指すためにpessimismという言葉を造った。…

※「オプティミズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オプティミズムの関連情報