コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オヤニラミ(親睨) オヤニラミ Coreoperca kawamebari

1件 の用語解説(オヤニラミ(親睨)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オヤニラミ【オヤニラミ(親睨) Coreoperca kawamebari】

スズキ目スズキ科の淡水魚イラスト)。別名カワメバル。えらぶたの後部に目によく似た濃い藍色の斑紋があるため,多くの地方でヨツメとも呼ばれる。身近な魚であるためか,地方名も多い。本州西部,四国,九州北部および朝鮮半島の一部に分布する。小型で全長10cm前後,うろこは円鱗で大きい。灰褐色で,頭部および体の前部に赤い線がある。本種は帰化種を除き日本で唯一の純淡水性のスズキ亜目の魚類であり,一生を淡水で過ごす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オヤニラミ(親睨)の関連キーワードあら雀鯛葉血引ペヘレイ梶木マカジキ鈴木素道鈴木縫殿

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone