コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリゴ糖 オリゴトウ

7件 の用語解説(オリゴ糖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オリゴ‐とう〔‐タウ〕【オリゴ糖】

oligosaccharide》⇒少糖類

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オリゴ糖【オリゴとう】

ブドウ糖や果糖などの単糖が2〜10個程度結合した糖類で,少糖ともいう。天然にも産するが,工業的にはデンプン,ショ糖などに酵素を作用させて作る。甘味料であるが,低カロリー腸内細菌叢改善,虫歯をおさえるなどの機能性が注目され,健康食品として多く実用化されている。
→関連項目機能性オリゴ糖特定保健用食品

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

オリゴ糖

 少糖,少糖類ともいう.基礎となる単糖が2〜数個(ときには数十個でも)グリコシド結合で重合した糖.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

オリゴとう【オリゴ糖】

ブドウ糖や果糖などの単糖類が2~10個程度結合したものの総称。代表的なものに、麦芽糖(マルトース)、ショ糖(シュクロース)、乳糖ラクトース)などがある。食物繊維と同様、腸内の余分なコレステロール胆汁酸を吸収して排泄する働きをもつほか、腸内のビフィズス菌などの腸内善玉菌の増加作用、血中コレステロール減少、肝機能の向上、虫歯予防、便秘解消、血糖値の正常化作用などの効果が期待できる。◇オリゴとは、ギリシア語で「少ない」を意味し、「少糖類(しょうとうるい)」とも呼ばれる

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

オリゴとう【オリゴ糖】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリゴ糖
オリゴとう

少糖類」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリゴ糖
おりごとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オリゴ糖の関連情報