コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリゴ糖 オリゴトウ

7件 の用語解説(オリゴ糖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オリゴ‐とう〔‐タウ〕【オリゴ糖】

oligosaccharide》⇒少糖類

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オリゴ糖【オリゴとう】

ブドウ糖や果糖などの単糖が2〜10個程度結合した糖類で,少糖ともいう。天然にも産するが,工業的にはデンプン,ショ糖などに酵素を作用させて作る。甘味料であるが,低カロリー腸内細菌叢改善,虫歯をおさえるなどの機能性が注目され,健康食品として多く実用化されている。
→関連項目機能性オリゴ糖特定保健用食品

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

オリゴ糖

 少糖,少糖類ともいう.基礎となる単糖が2〜数個(ときには数十個でも)グリコシド結合で重合した糖.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

オリゴとう【オリゴ糖】

ブドウ糖や果糖などの単糖類が2~10個程度結合したものの総称。代表的なものに、麦芽糖(マルトース)、ショ糖(シュクロース)、乳糖ラクトース)などがある。食物繊維と同様、腸内の余分なコレステロール胆汁酸を吸収して排泄する働きをもつほか、腸内のビフィズス菌などの腸内善玉菌の増加作用、血中コレステロール減少、肝機能の向上、虫歯予防、便秘解消、血糖値の正常化作用などの効果が期待できる。◇オリゴとは、ギリシア語で「少ない」を意味し、「少糖類(しょうとうるい)」とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オリゴとう【オリゴ糖】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリゴ糖
オリゴとう

少糖類」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリゴ糖
おりごとう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリゴ糖の関連キーワード果糖単糖類ヘキソース二糖類葡萄糖結晶ブドウ糖二糖ブドウ糖果糖液糖果糖・ブドウ糖液糖ブドウ糖・果糖液糖

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オリゴ糖の関連情報