オリゴ糖(読み)オリゴとう

百科事典マイペディアの解説

オリゴ糖【オリゴとう】

ブドウ果糖などの単糖が2〜10個程度結合した糖類で,少糖ともいう。天然にも産するが,工業的にはデンプンショ糖などに酵素を作用させて作る。甘味料であるが,低カロリー,腸内細菌叢改善,虫歯をおさえるなどの機能性が注目され,健康食品として多く実用化されている。
→関連項目機能性オリゴ糖特定保健用食品

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

オリゴとう【オリゴ糖】

ブドウ糖や果糖などの単糖類が2~10個程度結合したものの総称。代表的なものに、麦芽糖(マルトース)、ショ糖(シュクロース)、乳糖ラクトース)などがある。食物繊維と同様、腸内の余分なコレステロール胆汁酸を吸収して排泄する働きをもつほか、腸内のビフィズス菌などの腸内善玉菌の増加作用、血中コレステロール減少、肝機能の向上、虫歯予防、便秘解消、血糖値の正常化作用などの効果が期待できる。◇オリゴとは、ギリシア語で「少ない」を意味し、「少糖類(しょうとうるい)」とも呼ばれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オリゴ‐とう ‥タウ【オリゴ糖】

〘名〙 (oligosaccharide の訳語) 加水分解すると、二~一〇個の単糖類を生じる糖類。少糖類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オリゴ糖の関連情報