コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリファント オリファント Oliphant, Laurence

5件 の用語解説(オリファントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリファント
オリファント
Oliphant, Laurence

[生]1829. 南アフリカ
[没]1888.12.23. ロンドン
イギリスの旅行家。父はスコットランド出身で,ケープ植民地の知事であった。カトマンズへの旅,黒海のロシア沿岸への旅ののち,エルギン使節の随員として来日した。万延1 (1860) 年暮れ,駐日イギリス公使館一等書記官となり,東禅寺事件で負傷した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オリファント
オリファント
Oliphant, Margaret Oliphant

[生]1828.4.4. ウォリフォード
[没]1897.6.25. ウィンザー
イギリスの女性作家。スコットランド出身。多作家として知られ,主作品は『カーリングフォード物語』Chronicles of Carlingford(1863~66)。英文学史の著述もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オリファント
オリファント
Olyphant, David Washington Cincinnatus

[生]1789.3.7.
[没]1851.6.10. カイロ
アメリカの商人。ニューヨークで中国貿易会社に入り,1820年代には広東支店に勤務,次いでタルボット・オリファント商会をつくって 30年代と 50年代に広東を訪れ,プロテスタント伝道を援助した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

オリファント Oliphant, Laurence

1829-1888 イギリスの外交官。
安政5年エルギンの秘書として来日。駐日イギリス公使館一等書記官に任命され文久元年再来日するが,同年5月28日江戸高輪東禅寺の仮公使館で水戸浪士の襲撃をうけて重傷を負い(東禅寺事件),帰国した。1888年12月23日死去。59歳。ケープタウン出身。著作に「エルギン卿(きょう)遣日使節録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

オリファント

没年:1888.12.23(1888.12.23)
生年:1829
幕末に来日したイギリスの旅行家,著述家。ケープタウン生まれ。スコットランド出身のケープ植民地法務長官の子。1848年革命,クリミア戦争その他19世紀中葉のヨーロッパや中米の主な動乱ないし戦争に遭遇または進んで関与し,盛んに『タイムズ』など新聞雑誌に寄稿。1857年から59年へかけては対清特派使節ブルース(エルギン伯)に秘書として随行,この間安政5(1858)年日英修好通商条約締結のため訪日。文久1(1861)年在日イギリス公使館書記官に任ぜられるが,着任早々水戸浪士の襲撃(第1次東禅寺事件)で重傷を負い帰国,翌年退職。1865年下院議員に当選,折から来英の薩摩藩士をグラヴァーの依頼で外務次官に紹介。1867年議員を辞し,神秘主義者の指導する信仰共同体に加わるため渡米。新たな波乱曲折の生涯を送った末,本国で死去。<著作>《Narrative of the Earl of Elgin’s Mission to China and Japan》

(廣瀬靖子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリファントの関連キーワードクックマンシーグラバー邸著述家フォーチュン旅行家イギリス巻ケズウィック曇慧イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オリファントの関連情報