コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリンダ Olinda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリンダ
Olinda

ブラジル北東部,ペルナンブコ州東部の都市。州都レシフェの北方,大西洋を見おろす低い丘の上にある近郊都市で,レシフェ大都市圏の一部をなす。 1537年ポルトガル人によって建設され,黒人奴隷の導入により発展したサトウキビのプランテーション地帯の中心地として繁栄。 1630~54年オランダ人に占領されていた間に,それまで砂糖積出港として利用されていたにすぎない南のレシフェが興隆,この地方の中心地となるとともに,オリンダは衰退。 16~17世紀の聖堂や修道院などの古い建築物が多数保存されている旧市街は,1982年世界遺産の文化遺産に登録。近年レシフェの急速な都市化に伴い,その高級住宅地区としても発展しつつある。人口 38万 9244 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オリンダ(Olinda)

ブラジルペルナンブコ州の大西洋に面する港湾都市。1537年、ポルトガル植民都市として築かれたが、1630年にオランダが占領、1654年に再びポルトガルが奪還した歴史をもつ。町並みには両国の面影が残る。1982年、「オリンダ歴史地区」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オリンダ

ブラジル北東部,大西洋沿岸の丘にある町。1537年ブラジル最初のポルトガル植民地となり,1632年から20年間はオランダに支配された。16世紀に建立された中央寺院,サン・フランシスコ教会,ミゼルコルジア教会のほか,多くのバロック様式の教会,庭園,修道院,無数に散在する小さな礼拝堂,18世紀に建造された町の主要な建物などが調和し,独特の雰囲気をかもしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オリンダ【Olinda】

ブラジル北東部,ペルナンブコ州の大西洋沿岸の風光明媚な古都。人口35万1449(1993)。北東部最大の都市レシフェの北7kmにある。早く砂糖産業の中心地となり,1630年頃まではレシフェはその港にすぎなかった。32‐54年のオランダ侵攻時に住民がレシフェに移動させられ,中心もそちらに移って,オリンダは砂糖貴族と宗教的権威の地となった。現在では大レシフェ州都圏内の郊外住宅地帯となっている。植民時代のバロック建築,教会などが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オリンダの関連キーワードオリンダのカーニバルミゼリコルディア教会コエリョ・ペレイラゴレイゾフスキーカマラ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android