コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オータン Autun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オータン
Autun

フランス中部,ソーヌエロアール県,ルクルーゾー北西約 28kmにある町。モルバン山地で飼育される家畜の市場で,繊維・皮革・木材・金属工業の中心でもある。ガロ・ローマ時代からの町で,その時代の劇場や城門 (3世紀) などが残っている。聖ラザール大聖堂 (1020~1146以後) は特にロマネクス様式の彫刻で知られる。人口1万 9129 (1982) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オータン(Autun)

フランス中東部、ソーヌ‐エ‐ロアール県の都市。同県の副県都。古代ローマ時代に築かれた円形劇場、サンタンドレ門、アルー門、ジャニュ寺院が残っている。12世紀に建造されたサンラザール大聖堂の建築、彫刻はロマネスク様式の傑作として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

オータン【Autun】

フランス東部,ソーヌ・エ・ロアール県にある小規模の工業都市。人口約2万3000(1982)。ローマ皇帝アウグストゥスの建設になり(町の古名Augustodunumは彼にちなむ),ガリアのローマともいうべき地位を占めていた。そのなごりは,サンタンドレ門,アルー門,ガリア最大の劇場跡などにみられる。マルセイユからもたらされたラザロのものと伝えられる聖遺物を収めるため,12世紀初めに建立されたサン・ラザール大聖堂は,失われたクリュニー第3聖堂の様式を踏襲するブルゴーニュロマネスク建築の代表例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オータン
おーたん
Autun

フランス中東部、ソーヌ・エ・ロアール県の副県都。人口1万6419(1999)。マコンの北西82キロメートルにある。円形劇場とサンタンドレ門、アールックス門を含むローマ遺跡がある。12世紀のサン・ラザール寺院の建築・彫刻は有名。布地、カーペット、機械類、暖房器具が生産される。ローマ人にアウグストドゥヌムAugustodunumとよばれ、商業と学問の中心であった。5世紀初頭から9世紀まで異邦人にしばしば襲撃され、重要性を失った。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オータンの関連キーワードルノー(Louis Renault)サン・ラザール大聖堂[オータン]ビュシー=ラビュタンサン・ラザール大聖堂世界のおもな局地風フェルナン レジェマグネンティウスオータン・ララフランス(国)オータン大聖堂シャンガルニエムーランの画家ロマネスク美術ゲルドロードファンアイクアエドゥイ族プティジャンフランス映画燐灰ウラン石最後の審判

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android