オーバープレゼンス(英語表記)over-presence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オーバープレゼンス」の解説

オーバープレゼンス
over-presence

ある国で特定の外国の存在が特に目立ち,その国の国民反感を買うなど好ましくない影響をもたらすこと。外国の駐留軍の存在など政治面でもオーバープレゼンスの例はあるが,日本との関係で特に重要なのは,経済面のそれである。たとえば (1) 特定の外国の輸出品が国内市場にあふれることによるもの,(2) 特定の外国の商品や企業の宣伝が目立つことによるもの,(3) 特定の外国からの対外直接投資急増によるもの,などがあげられる。 1980年代後半からは先進国においても対外直接投資の急増を背景に (3) のタイプの問題を生じさせるおそれが出てきている。今後は地元との融和を図るなど「良き企業市民」としての行動が日本の企業にますます求められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「オーバープレゼンス」の解説

オーバープレゼンス(overpresence)

目立ち過ぎること。また、過度の経済的進出についてもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android