オーバーラップ(読み)おーばーらっぷ

デジタル大辞泉の解説

オーバーラップ(overlap)

[名](スル)
映像編集技術の一つ。映画やテレビなどで、一つの画面を消しながら、重ねて次の画面を写しだす技法。二重写し。ディゾルブ。クロスディゾルブ。
二つ以上のものの姿が重なり合うこと。「イメージがオーバーラップする」
サッカーで、後方の選手がボールを持っている味方選手を追い越して、前線へ走り上がること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

オーバーラップ

(1) 新しい整合の地層が,下にある地層が占める面積よりも次第に広がる関係.オンラップ(onlap)ともいう[Swain : 1949].これはグラボウの海進オーバーラップ(transgressie overlap)で,海進によって新しい地層が古い地層を次々に覆っていくこと[Grabau : 1906].この語はもとはオーバーステップ(overstep)を含めて使われたが[Beche : 1832],後に除外された[Beche : 1851].(2) 断層によりある地層が変位して,断層をはさんだ両側の地層があたかも重なり合うようになったとき,地層の走向と平行に測った二重の部分の長さをいう.断層の垂直断面内で見た場合に,傾斜した地層の重複部分の水平成分の長さをヒーブ(heave)という[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

オーバーラップ【overlap】

( 名 ) スル
映画・テレビの技巧の一。ある画面の上に他の画面が重なって浮かび出し、次第に鮮明になるにつれて、もとの画面が消えるもの。二重写し。 「回想場面を-させる」 → ディゾルブ
意識の中に二つの物事が重なり合って生じること。
サッカーで、後方の選手がボールをキープしている味方選手を追い越して前線に走り上がること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーバーラップ
overlap

映画技術用語。最初の画面を溶暗にし,重ねて次の画面を溶明にする方法。英語ではディゾルブ dissolve,ラップ・ディゾルブ,ミックスなどともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オーバー‐ラップ

〘名〙 (overlap)
① 映画の技法の一つ。一つの場面をいったん写した上に、さらに別の場面を重ねて写すこと。おもに、回想・幻想の場面などに用いられる。二重写し。〔モダン用語辞典(1930)〕
② (━する) 意識、イメージなどが重なり合うこと。また、二つの現象や状況が同時に起こること。
※徳田秋声(1953)〈平野謙〉「『金も泡と消え、美人も去り、〈略〉』という一時期がその作家的危機とオーヴァラップして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オーバーラップの関連情報