コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーラール オーラールAulard, François-Alphonse

4件 の用語解説(オーラールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーラール
オーラール
Aulard, François-Alphonse

[生]1849.7.19. シャラント,モンブロン
[没]1928.10.23. パリ
フランスの歴史家。フランス革命研究家。パリ大学教授 (1887~1922) 。雑誌『フランス革命』の創始者。フランス革命の研究に科学的分析方法を初めて導入したが,弟子であった A.マティエと,G.ダントン,M.ロベスピエールの評価をめぐって論争し,ついに師弟関係の崩壊にまでいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オーラール

フランスの革命史家。パリ大学教授。1886年,フランス革命史講座の初代担当教授となる。共和主義者としてフランス革命の意義を強調し,民主主義と共和制の確立を中心にすえて,《フランス革命の政治史》を著した。
→関連項目マティエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーラール【Alphonse Aulard】

1849‐1928
フランスの歴史家。とくにフランス革命史の研究を厳密な史料研究の上に基礎づけた。1886年,パリ大学(ソルボンヌ)にフランス革命史講座が設置されたとき,その初代担当教授となり,多くの史料集や著作を刊行した。その主著は《フランス革命の政治史L’histoire politique de la Révolution française》(1901)で,フランス革命を1789年の人権宣言の原理の実現過程として理解しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーラール
おーらーる
Franois Victor Alphonse Aulard
(1849―1928)

フランスの歴史家。1886年ソルボンヌ(パリ大学)にフランス革命史の講座が創設されたとき担当教官に招かれ、1922年退職するまでフランス革命史の研究、講義、指導に専念するとともに、フランス革命史協会およびその機関誌『フランス革命』の責任者として活動し、革命の実証的研究の基礎を置いた。代表作『フランス革命政治史』(1901)にみられるように政治史家で、とくに文献史料の批判を重視し、多くの革命関係史料集を出版した。『ジャコバン協会』(1889~98)、『公安委員会の記録集』(1889~1923)のほか、テルミドール反動期から第一帝政までのパリ市の史料集などがある。彼によって革命研究の学問的基礎が置かれたといえる。[前川貞次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オーラールの関連キーワードジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎火成花崗岩武江年表スロバキア文学日舞花柳流宗家家元の花柳壽輔死去広岡浅子ライカカメラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone