コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オールビー オールビー Albee, Edward Franklin

6件 の用語解説(オールビーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オールビー
オールビー
Albee, Edward Franklin

[生]1928.3.12. バージニア
アメリカの劇作家。生後まもなくニューヨークの劇場経営者の養子となる。大学中退後,グリニッチビレッジに住んで創作活動を開始。 1959年ベルリンで一幕劇『動物園物語』 The Zoo Storyが初演され,翌年ニューヨークでも上演された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オールビー(Edward Franklin Albee)

[1928~2016]米国の劇作家。社会や家庭の虚像を描くとともに、人間の弱さを追求した作品を発表。作「動物園物語」「バージニア=ウルフなんかこわくない」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オールビー

米国の劇作家。ブロードウェー商業主義に抵抗してオフ・ブロードウェーで活躍する。現代人の疎外感を描いた《動物園物語》(1958年),《ベシー・スミスの死》(1960年),《アメリカの夢》(1961年)等の1幕物,3幕物《バージニア・ウルフなんかこわくない》(1962年)など,痛烈な社会批判と象徴的な手法の作品で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オールビー【Edward Franklin Albee】

1928‐
アメリカの劇作家。《動物園物語》(1959。アメリカ初演は1960)や《アメリカの夢》(1961)など,アメリカ社会の偽善をあばいた一幕劇によって,オフ・ブロードウェーの代表作家となり,ニューイングランドの大学町を舞台にして2組の夫婦の虚飾を容赦なく剝ぎ取った長編劇《バージニア・ウルフなんかこわくない》(1962)の成功により,1960年代のアメリカのもっとも重要な劇作家とみなされるにいたった。その後の作品には,象徴性の強い《小さなアリス》(1964)や《海の風景》(1975),リアリスティックな《微妙な均衡》(1966)や《すべて終り》(1971)などがあり,初期の作品ほど高い評価は受けていないが,簡潔で鋭い台詞と人間の醜悪さを見すえる目とは一貫して認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オールビー【Edward Franklin Albee】

1928~ ) アメリカの劇作家。アメリカの社会や家庭の虚像や虚飾を厳しく暴いた作品で知られる。著「動物園物語」「アメリカの夢」「バージニア=ウルフなんかこわくない」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オールビー
おーるびー
Edward Franklin Albee
(1928― )

アメリカの劇作家。ワシントン市に生まれ、幼児期に富豪オールビー家の養子となる。その家庭生活は裕福だが愛情に欠け、のちに彼の主題(家庭不信、夫婦の相克など)を方向づけたといわれる。学校生活にもなじめず、大学中退後はニューヨークで転々と職業を変えながら創作を始めた。1959年、現代生活の暴力的な人間関係を描いた一幕劇『動物園物語』がベルリンで初演され注目される。それを契機にニューヨークのオフ・ブロードウェーでも『アメリカの夢』(1961)を含む一幕劇が次々と初演され、アメリカ前衛劇の旗手と目されるに至る。さらに62年には、処女多幕劇で、荒廃した家庭の実体を描いた代表作『バージニア・ウルフなんかこわくない』でブロードウェーにもデビュー。以後、哲学的な『タイニー・アリス』(1964)、中年男女の挫折(ざせつ)感に揺れる心理や倦怠(けんたい)を描いたピュリッツァー賞受賞の2作『デリケート・バランス』(1966)、『海景』(1975)ほか、リアリズム色の濃い多幕劇や、実験色のより強い一幕劇を精力的に発表、文字どおり60~70年代を代表する劇作家となる。その後も精力的に新作を発表しているが、以前にまして社会と人間の暗い関係の内面部分深くに描写を進め、そのために甘いヒューマニズム指向が広がるブロードウェーを中心とした演劇界で受けなくなっていた。しかし、1994年にブロードウェーに持ち込まれた『三人の背の高い女性』は三度目のピュリッツァー賞を受賞、人生の深い真実をユーモアと苦悩に包んで描き、人々に暖かく迎え入れられた。なお劇作の一方で彼は、基金を設立して若い未来の劇作家養成のための上演会を主催したり、前衛および実験芸術家の支援を行うなど、教育面にも力を注いできた。
 1960年代に出発した当時の彼の新しさは、それまでブロードウェーでは聖域視されてきた問題、すなわちアメリカ的な生活や個人の幸福に対する一般の考え方に、正面からメスを入れ、いわゆるアメリカの夢の虚像を赤裸々に描いた点にある。とくに代表作『バージニア・ウルフなんかこわくない』では家庭の内側の夫婦関係の残酷さや孤独がもたらす荒廃をえぐり、鋭い筆致で文明批評を行った。[楠原偕子]
『鳴海四郎・鴫原真一訳『エドワード・オールビー全集』6巻(1980~86・早川書房) ▽現代演劇研究会編『現代演劇 エドワード・オルビー特集』(1980・英潮社) ▽高島邦子訳『エドワード・オールビーの演劇――モダンアメリカン・ゴシック』(1991・あぽろん社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオールビーの言及

【アメリカ演劇】より

…2人の作風は対照的で,前者がおおむねアメリカ南部を舞台にして個人の病的心理を描くのに対して,後者は個人を社会構造の中でとらえようとする。問題はこの2人に匹敵するほどの劇作家がそれ以後は現れていないことで,わずかに50年代末に登場したE.オールビーが挙げられるだけである。オールビーについて重要なのは,オフ・ブロードウェーの出身ということである。…

※「オールビー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オールビーの関連キーワードアメリカの声アメリカ杉アメリカン亜米利加あめりか物語アメリカの没落アメリカの夢あさひやま動物園物語アメリカ アメリカアメリカの影

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オールビーの関連情報