カエサルの物はカエサルに(読み)カエサルノモノハカエサルニ

大辞林 第三版の解説

カエサルのものはカエサルに【カエサルの物はカエサルに】

〔新約聖書マタイ福音書二二章などにある言葉〕
神に対する務めと世俗の支配者に対する務めとを共に行うべきであると教えたイエスの言葉。転じて、物事は本来あるべきところに戻すべきである、の意で用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android