カエデ(楓)(読み)カエデ

  • カエデ(楓) maple

百科事典マイペディアの解説

カエデ科カエデ属の総称で,葉の形がカエルの手に似るところから名付けられたといわれる。落葉まれに常緑の高木で,葉は対生し,単葉で掌状に裂けるものが多く,または3〜5小葉の掌状複葉。秋に美しく紅葉するものが多い。雌雄同株または異株で,春,総状〜散房状の小花をつける。花柱は2本,おしべは4〜10本であるが,多くは8本。果実は2枚の翅があり,独特の形をなす。主として北半球の温帯に分布し,約160種。日本には26種ほどが自生し,数百の園芸品種がある。日本の山地に広く分布し,最も普通に植えられるイロハモミジイロハカエデとも)は,葉が小型で掌状に5〜7裂し,裂片の先はとがり,縁には重鋸歯(きょし)があり成葉には毛がない。4〜5月,若葉と同時に若枝の先に散房花序を出し,暗紅色の小花がたれ下がる。萼片,花弁ともに5枚。果実は小さい。オオモミジはイロハモミジに似ているが,葉は大きく,掌状に7〜9裂し,縁には細かく規則的な単鋸歯がある。花や果実もやや大きく,北海道〜九州の山地に自生する。ヤマモミジはオオモミジの変種で,主として日本海側山地にはえ,葉の縁には重鋸歯がある。北海道〜本州の山地にはえるハウチワカエデは,葉がさらに大型,9〜13中裂し,初めは白毛がある。カエデ類は古くから庭園に植えられ,江戸時代に多くの園芸品種が作られた。現在植栽される〈野村〉〈占(しめ)の内〉〈手向山(たむけやま)(縮緬(ちりめん))〉などの大部分はイロハモミジやその変種からできたもの。カエデ類の樹液はショ糖を含み,特に北米のサトウカエデからはメープル・シロップをとる。なお,モミジは紅葉するものの総称であったが,カエデ類,特にイロハカエデで紅葉が著しいため,おもにカエデ類をさすようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カエデ属樹木の総称。カエデは蛙手(かえるで)で,最もふつうに見られるイロハモミジやオオモミジの掌状に分かれる葉をカエルの手になぞらえたもの。モミジともいうが,これは紅葉するという意味の〈もみず〉からきており,秋に紅葉する植物の代表であるカエデ類を指すようになった。カエデは漢字でよく楓の字があてられるが,中国で楓とはマンサク科フウのことで,カエデ類はふつう槭という。フウは日本には自生しないが,葉形がややカエデ類に似ているので,両者を混同したのであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカエデ(楓)の言及

【モミジ】より

…カエデの代表種であるイロハカエデの別称。また総称的な名前としてカエデ類をモミジ類とも呼ぶこともある。…

※「カエデ(楓)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android