コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カキラン(柿蘭) カキランEpipactis thunbergii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カキラン(柿蘭)
カキラン
Epipactis thunbergii

ラン科のやや大型の多年草関東地方をはじめ日本各地の低山の林内や流れなどに沿った湿地に生える。地下に横に走る根茎があり,地下茎は高さ 50cmほどになり緑色,基部は紫色を帯びる。葉は数枚つき,長さ 10cmあまりの広楕円形で下部のものほど大きい。葉の基部は鞘状に茎を抱く。初夏に,茎の上部にまばらに黄褐色の花を 10個ほどつける。各花のつけ根に包葉が目立つ。花全体はやや杯状をなし,3枚の外花被片が明るい柿色なのに対し内花被片は淡色で,唇弁には濃い斑点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カキラン【カキラン(柿蘭) Epipactis thunbergii A.Gray】

温帯の湿地や湿った崖などに生えるラン科植物(イラスト)。和名はかば色の花の色に由来する。スズランの別名もある。植物体は全体平滑。根茎は横走する。茎は高さ30~70cm,基部には紫紅色を帯びた鞘(さや)状の葉が数枚あり,茎の上部に葉を6~7枚つける。葉は狭卵形から広披針形,長さ7~12cm,幅2~4cm,基部は抱茎し,顕著な縦じわがある。6~7月に直径約2cmの花を3~十数個つける。萼片は開出し,狭卵形,長さ12~15mm,花弁もほぼ同長。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カキラン(柿蘭)の関連キーワード温帯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android