コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシューノキ カシューノキ Anacardium occidentale; cashew

2件 の用語解説(カシューノキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシューノキ
カシューノキ
Anacardium occidentale; cashew

ウルシ科の常緑高木で,ブラジル原産。世界の熱帯各地で栽培されている。幹は高さ 12~15m,葉は長卵形で全縁,長さ 12~15cmほどで,対生,互生あるいは輪生する。 12月頃,枝先にまばら円錐花序を出し,淡紅色,小型で香りのある花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシューノキ
かしゅーのき
cashew
[学]Anacardium occidentale L.

ウルシ科の熱帯性常緑樹。西インド中央アメリカ原産で、熱帯各地に広く栽培される。主産地はインドで、アメリカヨーロッパ諸国に輸出し、モザンビークタンザニアなどでも生産される。樹高12~15メートル、葉はやや革質の倒卵形で長さ15~20センチメートル。花は白または淡紅色で、両性花と単性花が混じって小枝に群がって開く。花期後、花托(かたく)部分が膨れて径約5センチメートルの西洋ナシ形になり、カシューアップルcashew appleとよぶ。カシューアップルの先(下)に腎臓(じんぞう)形、灰色で硬い殻(果皮)に入った長さ3~4センチメートルの果実がつく。この果皮の中に褐色の種皮に包まれた勾玉(まがたま)状の仁、つまり、カシューナッツが入っている。果皮には黒い油性の、ウルシに似た性質の液体を含む。液体の成分はカルドーというフェノール物質とアナカルジック酸などの有毒物質で、精製してカシューワニスをつくる。これはシロアリや害虫を防ぐのに用いる。樹皮からは黄色のゴム物質がとれ、本を綴(と)じる糊(のり)に使うと虫がつきにくい。また黄色染料にも使われる。材は赤褐色、硬さは中庸で各種の細工物に使う。民間薬や観賞用にもされる。[星川清親]

食品

カシューアップルは外面は鮮紅色からクリーム様黄色まであるが、内部は淡黄色で芳香をもち、多汁で甘味、酸味ともにあり、渋味もあって特異の味があり、食用とする。グルコーゼ8.4%、タンニン3.06%を含むといわれ、生食のほか、清涼飲料(カジュアーダ)、ジャム、砂糖菓子、カシュー酒などをつくる。果実のカルドールやアナカルディア酸などは炒(い)ると消去される。ナッツの王様といわれるカシューナッツは100グラム中の熱量は571キロカロリーで、タンパク質19.6%、灰分2.7%、脂質47.2%、糖質25.4%などを含む。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カシューノキの関連キーワードカナリーヤシゴムノキブラジルナッツ油椰子糸杉大王椰子多羅樹円椎カウリ紅檜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone