コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カジメ(搗布) カジメEcklonia cava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カジメ(搗布)
カジメ
Ecklonia cava

褐藻類コンブ目コンブ科でやや大型の海藻。ノロカジメともいう。漸深帯深部の岩上に着生する。藻体の下部は円柱状,上部は中央が肥厚し,その周囲は葉状で多くの長い裂片となる。全長1~2mに達する。革質で硬いので食用には不適当。ヨードアルギン酸の原料として用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カジメ【カジメ(搗布) Ecklonia cava Kjellm.】

日本の温帯海域に近縁アラメとともに大きな海中林をつくるコンブ科の褐藻(イラスト)。1年目の体は単葉で,幅の広いササの葉を思わせるが,2年目以降の体の葉状部は規則正しく左右に側葉を出し,羽をひろげた形となり,外見上,根,茎,葉の区別が明瞭となる。体の高さは生育場所によって異なり,一般に浅所では低く1mくらいであるが,深所では高く3mくらいになる。低潮線付近から10mくらいの深さの海底に大きい群落をつくって生育する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android