コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カストリア Kastoria/Καστορια

デジタル大辞泉の解説

カストリア(Kastoria/Καστορια)

ギリシャ北西部、マケドニア地方の町。オレスティアダ湖(カストリア湖)西岸の岬に位置する。古くから毛皮産業が盛ん。戦略上、交易上の要地として栄え、東ローマ帝国ブルガリア帝国の間で領有をめぐる争いが続いた。14世紀末以降、オスマン帝国領。第一次バルカン戦争後よりギリシャ領。アギオスステファノス教会、パナギアクベリディキ教会をはじめ、後期ビザンチン様式の教会が多数見られるほか、オスマン帝国時代の豪商の邸宅などが残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カストリアの関連キーワードルーカス サマラスアリアクモン川ルフォール

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android