カタル(医学)(読み)カタル

百科事典マイペディアの解説

カタル(医学)【カタル】

組織の破壊を伴わない,粘膜の浸出性炎症。浸出物の性質により,漿(しょう)液性,粘液性,膿性,剥離(はくり)性などと呼ぶ。他の浸出性炎症に比べ,粘液分泌が多少とも亢進し,粘膜上皮細胞の剥離が見られるのが特徴。通常の風邪に伴う鼻汁の流出が著しいものを鼻カタルなどという。一般に胃炎を胃カタル,大腸炎を大腸カタルと呼ぶことがあるが,これは実際にはカタルには相当しない。
→関連項目気管支炎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android