コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッサンドラ Kassandra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッサンドラ
Kassandra

ギリシア神話の女性。トロイの王プリアモスと妃ヘカベの娘で,アポロンに愛され,予言の能力を授けられたが,そのあとで約束にそむき,神に体を与えるのを拒んだために,怒ったアポロンは,彼女の予言をだれも信じないようにしてしまった。そのために彼女は,トロイの破滅を早くから予知し,予言によってそれを食止めようと必死に努めたにもかかわらず,なんの効果もなく,トロイ落城の夜にはアテナ神像の前で小アイアスにより操をけがされ,そのあと結局アガメムノンの手に落ち,その愛人にされてミケーネに連れていかれた。そしてここでもクリュタイムネストラのアガメムノン暗殺の企てを予知しながら,予言によってそれを防ぐことができず,彼女自身もクリュタイムネストラの手にかかり殺されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カッサンドラ

ギリシア伝説のトロイア王プリアモスの娘。トロイアの滅亡をつねに予言していたが,容れられなかった。アポロンが彼女に予言の能力を贈って愛を求めたが裏切られ,その予言をだれにも信じられないようにしたからだという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カッサンドラ【Kassandra】

ギリシア伝説のトロイア王女。プリアモスとヘカベの娘で,ヘレノスの双生の姉妹。ことあるごとにトロイアの滅亡を予言したが,狂人のたわごととして耳を貸されなかった。これは,かつて彼女がアポロンに求愛されたおり,身を任せる約束をして予言の術を授かっておきながら,あとで神を拒んだ報いという。トロイアの陥落時,彼女はアテナの神像にすがって救いを求めたものの,小アイアスに犯された。その後,アガメムノンの婢妾としてミュケナイへ伴われたあげく,アガメムノンともどもその妃クリュタイムネストラに殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カッサンドラ【Kassandrā】

○ ギリシャ神話で、トロイア王女。トロイアの滅亡を予言するが、だれもその言葉を信じなかった。トロイア陥落後捕虜となり、アガメムノンに伴われてミュケナイに着いたが、彼の妻クリュタイムネストラによって彼とともに殺された。
(転じて)凶事の予言者、世に入れられない予言者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッサンドラ
かっさんどら
Kas(s)andr

ギリシア神話で、トロヤ王プリアモスとヘカベの娘。アポロン神から予言能力を授けられたが、その求愛を拒んだため、彼女の予言はけっして人から信用されないものとされた。そのためパリスがヘレネを連れ帰ったとき、またギリシアの勇士が隠れた木馬がトロヤ城内へ引き入れられた際にも、彼女はその不吉な結果を予言したが、人々は聞き入れなかった。そして落城の際には助けを求めてアテネ女神像にすがったが、引きはがされて小アイアスに陵辱(りょうじょく)される。最後は敵将アガメムノンの側妻(そばめ)となって、2人の息子テレダモスとペロプスを生むが、ギリシアへ渡ったのちは、アガメムノンおよび息子たちともどもクリタイムネストラとアイギストスによって殺された。[丹下和彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカッサンドラの言及

【アイアス】より

…小アイアスとも呼ばれる。トロイアの陥落時,女神アテナの祭壇に逃れたトロイア王女カッサンドラを力ずくで引きずり出して犯したため,帰国の途中,神の送った嵐に船が難破し,おぼれ死んだ。【水谷 智洋】。…

【アガメムノン】より

…ヘレネを奪還すべくアウリスに結集したギリシア艦隊の出港時,娘のイフィゲネイアを女神アルテミスへの犠牲に供して,妃クリュタイムネストラの恨みを買った。その10年後,トロイアを陥落せしめ,所期の目的を遂げた彼は,みずからの婢妾としてトロイア王女カッサンドラを伴い,故国に凱旋したが,妃とその情人アイギストスに殺された。彼を主要な登場人物とする文学作品では,トロイア戦争中の彼とギリシア軍最大の英雄アキレウスとの争いを語るホメロスの叙事詩《イーリアス》,エウリピデスの《アウリスのイフィゲネイア》,アガメムノンの殺害とその子女オレステス,エレクトラによる仇討を描いたアイスキュロスの〈オレステイア三部作〉等の悲劇が名高い。…

【クリュタイムネストラ】より

…ヘレネの姉妹。夫がトロイアをめざすギリシア艦隊の出帆を可能ならしめるために娘のイフィゲネイアを犠牲に供したことを恨んだ彼女は,夫の出征中に通じた義理の従兄弟のアイギストスAigisthosと謀り,10年ぶりに凱旋した夫を,婢妾として連れ帰ったトロイア王女カッサンドラもろともに殺害したが,のち息子のオレステスに討たれた。【水谷 智洋】。…

※「カッサンドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カッサンドラの関連キーワードウォルフ(Christa Wolf)J.デーヴィッド マッデンアイアス(小アイアス)パウル エルンストラ・カルプルネードハルキディキ半島カルキディキ半島アイトマートフカサンドラ現象カルキジキ半島リュコフロンラオコーンロンサールウォルフ預言者シノン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カッサンドラの関連情報