コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシーラー カッシーラー Cassirer, Ernst

6件 の用語解説(カッシーラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッシーラー
カッシーラー
Cassirer, Ernst

[生]1874.7.28. ブレスラウ(現ポーランドウロツワフ)
[没]1945.4.13. ニューヨーク
ドイツユダヤ人哲学者。ベルリンライプチヒハイデルベルクマールブルク各大学で学び,ことに新カント学派の一派であるマールブルク学派の創始者 H.コーエンの影響を受けた。ベルリン大学講師を経て 1919年ハンブルク大学教授となったが,のちナチスに追われ,オックスフォード大学 (1933~35) ,スウェーデンエーテボリ大学 (35~41) ,最後にアメリカに渡り,エール大学 (41~44) ,コロンビア大学 (44~45) で教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カッシーラー(Ernst Cassirer)

[1874~1945]ドイツの哲学者。新カント学派の一派であるマールブルク学派に属し、認識論・認識論史の研究から象徴形式の究明に傾注した。ナチスに追われ、米国に亡命。著「象徴形式の哲学」「人間」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カッシーラー

ドイツのユダヤ系哲学者。新カント学派(マールブルク学派)から出発し,豊かな科学史の知識を駆使して,近代の科学と哲学の思惟(しい)構造を解明,さらにはA.ワールブルクらとの親交の下,〈シンボルを操る動物〉としての人間の哲学的究明に赴いた。
→関連項目象徴マールブルクマールブルク学派ワールブルク学派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カッシーラー【Ernst Cassirer】

1874‐1945
ドイツの哲学者。旧ドイツ領のブレスラウ(現,ポーランド領ブロツワフ)の富裕なユダヤ人商家に生まれた。ベルリン,ライプチヒ,ハイデルベルク,マールブルクの諸大学に学び,1899年学位を取得。H.コーエン,ナトルプらの新カント学派(マールブルク学派)の一人として出発した彼は,1906年から20年にかけて初期の代表作《近代の哲学・科学における認識問題》3巻を完成した。第1次大戦によるそれの中断は《自由と形式》(1916)という独自のドイツ精神史研究を生み出し,戦後19年には新設のハンブルク大学哲学科の正教授に迎えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カッシーラー【Ernst Cassirer】

1874~1945) ドイツの哲学者。新カント派中のマールブルク学派に属し、認識論・認識論史の研究から出発して、言語・神話・宗教・芸術など広範な文化領域にわたるシンボル形式の究明に意をそそいだ。晩年はアメリカへ亡命。著「実体概念と関数概念」「自由と形式」「象徴形式の哲学」「人間」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッシーラー
かっしーらー
Ernst Cassirer
(1874―1945)

ドイツの哲学者、精神史家。裕福なユダヤ人商人の息子として、シュレージエン地方のブレスラウ(現、ポーランドのブロツワフ)に生まれる。少年時代から並はずれた記憶力と強靭(きょうじん)な思考力、そして豊かな芸術的感性を備えていた。ベルリン、ライプツィヒ、ハイデルベルクの諸大学で哲学をはじめ法律、歴史、文学、数学、生物学を修め、マールブルク大学のH・コーヘン教授のもとで学位を取得したころには師も驚くほどの博識の持ち主になっていた。真摯(しんし)・温厚な学者であったが、ユダヤ人独特の視野の広さと自由主義的な環境も相まって、哲学上の基本的問題にまっこうから取り組むとともに、二つの大戦という歴史的経験を受け止めて、20世紀の思想の源流となる大著を次々と生み出した。
 彼は、コーヘンのもとで、カントの示した認識批判の道をカントの方法に倣って歩んでいたが、とくに、経験的・歴史的考察という方法が決定的であった。第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)時にはベルリン大学の私講師を務めつつ、大著『近代の哲学と科学における認識問題』の第3巻(カントからフリースへ)を執筆中であった。しかし精神史家でもあるカッシーラーはこのとき『自由と形式』(1916)によってドイツ民族の文化の意義を問う決意をし、その続編となる『理念と形姿』(1921)においては、ゲーテへの共感と傾倒を示している。このカントからゲーテへの展開はまた、「認識批判から文化批判へ」という、主著『象徴形式の哲学』(1922~1929)のテーマでもあった。象徴形式の哲学は、人間精神のみがもつ能力(シンボル機能)によって、神話、言語、歴史、宗教、科学、芸術といった文化諸領域が機能的に統一される、という発想に基づいている。シンボル機能は感性的、素材的契機と、その精神的意味の契機の二重性をその特性とし、これが生み出す像世界(象徴形式)は人間独自の世界把握と意味づけにほかならない。
 ナチス政権下のドイツを逃れてアメリカに亡命した彼は、エール大学でアーバンWilbur Marshall Urban(1873―1952)の後を継ぎ、以降英語圏で『人間』(1944)をはじめ彼の著作は広く読まれるようになった。彼のシンボル理論は記号美学者ランガーのシンボルの哲学の核をなし、また彼のいたワールブルク研究所からはパノフスキーやゴンブリッヒErnst・H・J・Gombrich(1909―2001)らの美術史家が出、さらに現代の文化人類学、科学史、科学哲学、解釈学、動物行動学、詩学、精神分析学その他の分野に直接間接の影響を及ぼし続けている。[塚本明子]
『宮城音弥訳『人間』(1953・岩波書店/岩波文庫) ▽生松敬三他訳『象徴形式の哲学 言語』(1972・竹内書店) ▽中野好之訳『啓蒙主義の哲学』(1962・紀伊國屋書店/ちくま学芸文庫) ▽ピーター・ゲイ著、到津十三男訳『ワイマール文化』(1970・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカッシーラーの言及

【機能主義】より

…これは,実体概念を基軸としていた17,18世紀の考え方に対して,実体などというものは科学的に規定しえないものなのだから,科学はそうしたものを想定することなく,もっぱら現象の記述とその相互関係の法則的把握を目ざすべきだとする思想傾向であり,その限りでは同時代の反形而上学的な実証主義現象主義と立場を同じくするが,古い実証主義がとかく事実を固定的・機械論的にとらえがちであったのに対し,諸現象をもっと動的・関数的にとらえようとするものであった。この問題をさらに厳密に考えぬき質量,力,エネルギー,原子,時間,空間といった近代科学の基本概念を,実体的なものの表現としてではなく,現象相互の関係やその変化を法則的に表現しようとする関数概念と解すべきだと説くカッシーラーの主張(《実体概念と関数概念》1910)なども,〈機能(関数)主義〉とよばれてよい。 一方,個別科学の領域で機能主義的と見られるのは,心理学においてはW.ジェームズの流れをくむデューイやJ.R.エンジェルらの機能心理学,それを継承するJ.B.ワトソン,G.H.ミードらの行動主義心理学,民族学や人類学の領域ではデュルケームの影響下に立つB.K.マリノフスキー,ラドクリフ・ブラウンらの機能学派,経済学におけるベブレンの制度学派,法学ではR.パウンドの社会工学,G.D.H.コールらギルド社会主義者の機能的国家論などである。…

【象徴】より

…それゆえに,ある宗教的象徴をとり入れるということは,現実を理解するためある文化的様式を採用するというばかりではなく,適切な社会的行動基準をも選択していることになる。 さて,こうした特定の明白な象徴作用――たとえば,太陽と車輪など――に限定される表現形態とは異なり,E.カッシーラーは,実在と精神とを媒介するあらゆる表象を象徴と呼んだ。この両者に関しては,P.リクールがその調停を目ざし,象徴を〈解読を要求する両義的表現〉として規定している。…

※「カッシーラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カッシーラーの関連キーワードブレスラウスラウチダブルブレストブレストストロークスラウチハット覆面レスラーブレスサーモブレスパレットベスラウアーブレストカラー (breast collar)

カッシーラーの関連情報