コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッソーラ Cassola, Carlo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッソーラ
Cassola, Carlo

[生]1917.3.17. ローマ
[没]1987.1.29. モンテカルロ
イタリアの小説家。反ファシズム闘争の渦中に青年時代をおくり,ネオレアリズモの作家として出発した。トスカナ地方の町グロッセートを舞台に長・短編小説を書き継いだ。主著『ファウストとアンナ』 Fausto e Anna (1952) ,『ブーベの恋人』 La ragazza di Bube (60) ,『忘れがたき日々』 Tempi memorabili (66) ,『恐れと悲しみ』 Paura e tristezza (70) ,『敵対者』 Antagonista (76) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カッソーラ【Carlo Cassola】

1917‐87
イタリアの作家。平凡な日常的事実のさりげない描写を通じて人生の姿を伝える作品に優れる。《森林伐採》(1954),《乾いた心》(1961),《ローカル鉄道》(1968)等が代表的。《ブーベの恋人》(1960)の成功後,ネオレアリズモ的主題を捨てたが,近年,現代文明の危機を寓意する《男と犬》(1977),《芸術家の生涯》(1980),《反逆者》(1981)等を発表している。【米川 良夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッソーラ
かっそーら
Carlo Cassola
(1917―1987)

イタリアの小説家。1930年代後半からエルメティズモ詩の影響下にまず短編小説を書き始め、レジスタンスを戦ったのちは、長編『ファウストとアンナ』(1952)、『ブーベの恋人』(1960)などを発表してネオレアリズモ文学の一翼を担った。トスカナ地方を舞台に一貫して庶民の日常を描きながら、個人の内面を没歴史的に追究する独自の作風をもつが、近年ますます本来の叙情性が純度を高めつつある。[林 和宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カッソーラの関連キーワードビアンチャルディイタリア文学3月17日

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android