カットバック(英語表記)cutback

  • カットバック Cut Back

翻訳|cutback

デジタル大辞泉の解説

アメリカンフットボールで、ボールキャリアが走るコースをオープン方向から内側へ急角度で変えること。または、それを取り入れた攻撃プレー。
映画・テレビで、ある場面と別の場面、またはもとの場面とを交互に転換する手法。切り返し。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

映画の法。あるカットから別のカットに移り,ついでまた初めのカットにもどすこと。切返し。カットを対立させることによって事件や心理の表現が強調できる。きわめて短いカット(1秒以下)を連続的に切り返すものはフラッシュバックといわれる。
→関連項目イントレランスガンスグリフィス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

サーフィン用語集の解説

波のカールの部分から離れてショルダーに出すぎてしまうとしまうとサーフボードスピードが落ち、不安定になる。そんなときに、方向転換してカールの方へ戻っていくテクニック。8のを描くようにターンして、後ろのスープに当て込む技をラウンドハウスカットバックと言う。

出典 (株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツサーフィン用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

切り返し 繰り返しの意
映画で、二つ以上の場面を、長さを変えながら交互に見せて緊張感を高めたりする編集技法。
サッカーで、相手を避けて後方に進路を変えること。
アメリカンフットボールで、ボールを持った選手の走り方の一つ。オープン方向に走っていた選手が突然方向を変えてラインの内側に走り込むもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (cut back)
① アメリカンフットボールで、ボールを持った攻撃側のプレーヤーがいったん外側に走り、途中で急に中央にまわり込むこと。
② 映画やテレビなどで、二つ以上の異なる場面のカットを、交互に写し出す編集の手法。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カットバックの関連情報