カットバック

百科事典マイペディア「カットバック」の解説

カットバック

映画の法。あるカットから別のカットに移り,ついでまた初めのカットにもどすこと。切返し。カットを対立させることによって事件や心理の表現が強調できる。きわめて短いカット(1秒以下)を連続的に切り返すものはフラッシュバックといわれる。
→関連項目イントレランスガンスグリフィス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カットバック」の解説

カットバック
cutback

映画などの手法の一つ。切返しともいい,2つの場所で起っている事件を交互に表現する方法。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サーフィン用語集「カットバック」の解説

かっとばっく 【カットバック Cut Back】

波のカールの部分から離れてショルダーに出すぎてしまうとしまうとサーフボードスピードが落ち、不安定になる。そんなときに、方向転換してカールの方へ戻っていくテクニック。8のを描くようにターンして、後ろのスープに当て込む技をラウンドハウスカットバックと言う。

出典 (株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツサーフィン用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「カットバック」の解説

カット‐バック

〘名〙 (cut back)
アメリカンフットボールで、ボールを持った攻撃側のプレーヤーがいったん外側に走り、途中で急に中央にまわり込むこと。
映画やテレビなどで、二つ以上の異なる場面のカットを、交互に写し出す編集の手法。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「カットバック」の解説

カットバック(cutback)

アメリカンフットボールで、ボールキャリアが走るコースをオープン方向から内側へ急角度で変えること。または、それを取り入れた攻撃プレー。
映画・テレビで、ある場面と別の場面、またはもとの場面とを交互に転換する手法。切り返し。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android