コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテプシン カテプシン cathepsin

5件 の用語解説(カテプシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カテプシン
カテプシン
cathepsin

細胞内の蛋白質異化作用に重要な働きをする酵素で,蛋白質のポリペプチド鎖の中間のペプチド結合加水分解し,2つまたはそれ以上のポリペプチドを生じる蛋白分解酵素の一種。分解するペプチド鎖に対する特異性によって,カテプシンA,B,Cの3型に分れ,カテプシンCが最もはっきりしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カテプシン(cathepsin)

リソソームに局在するプロテアーゼの総称。たんぱく質異化に重要な役割を果たす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

カテプシン

 細胞内のプロテアーゼで,主にリソソームに分布し,酸性領域に至適pHをもつ一群の酵素の総称.B,D,E,G,H,M,N,L,Sなどのエンドペプチダーゼ,A,Cなどのエキソペプチダーゼが知られている.プロテアソームとともに,細胞内でのタンパク質分解に関与している.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カテプシン【cathepsin】

リソソーム中に蓄えられているタンパク質分解酵素の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カテプシン
かてぷしん
cathepsin

動物の細胞内、とくにリソゾーム内に蓄えられているタンパク質分解酵素群の総称。動物が死んでしばらくたつと組織の融解がおこるが、これは、細胞内にあって生きているときにはむやみに作用しないように制御されていたタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)が、制御を解かれて作用しだすからである。消化管内や血液中のタンパク質分解酵素に比べて研究が遅れていたが、その重要性が急速に明らかになってきた。以前は一つの酵素と思われていたが、いまでは多種多様の酵素が存在することがわかり、A、B、Cなどと区別されている。したがって、カテプシンということばを厳密に定義することはむずかしい。リソゾームは細胞外から取り込んだタンパク質などを消化するための細胞内小器官で、ここに閉じ込められているカテプシン類は、正常時には自分の細胞や組織を攻撃することはない。しかし、細胞が死ぬとリソゾームの膜が壊れ、カテプシンが細胞質に漏れ出るので、細胞が壊れるのである。リソゾームの内部は、細胞質よりも水素イオン濃度(pH)がすこし低いので、カテプシン類の最適pHは5~6のものが多い。また、活性部位にSH基をもつ酵素が多いのも特徴である。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カテプシンの関連キーワード複合蛋白質プラスミン異化作用膜蛋白質情報伝達蛋白質細胞内凍結タンパク質異化DHA(ドコサヘキサエン酸)タンパク質(蛋白質)M 様蛋白質 (M-like protein)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カテプシンの関連情報