カテプシン(英語表記)cathepsin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カテプシン
cathepsin

細胞内の蛋白質異化作用に重要な働きをする酵素で,蛋白質のポリペプチド鎖の中間のペプチド結合を加水分解し,2つまたはそれ以上のポリペプチドを生じる蛋白分解酵素の一種。分解するペプチド鎖に対する特異性によって,カテプシンA,B,Cの3型に分れ,カテプシンCが最もはっきりしている。カテプシンCは酵素番号 3.4.4.9で,高等動物の腎臓,脾臓,膵臓などの中に見出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カテプシン【cathepsin】

リソソーム中に蓄えられているタンパク質分解酵素の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カテプシン
かてぷしん
cathepsin

動物の細胞内、とくにリソゾーム内に蓄えられているタンパク質分解酵素群の総称。動物が死んでしばらくたつと組織の融解がおこるが、これは、細胞内にあって生きているときにはむやみに作用しないように制御されていたタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)が、制御を解かれて作用しだすからである。消化管内や血液中のタンパク質分解酵素に比べて研究が遅れていたが、その重要性が急速に明らかになってきた。以前は一つの酵素と思われていたが、いまでは多種多様の酵素が存在することがわかり、A、B、Cなどと区別されている。したがって、カテプシンということばを厳密に定義することはむずかしい。リソゾームは細胞外から取り込んだタンパク質などを消化するための細胞内小器官で、ここに閉じ込められているカテプシン類は、正常時には自分の細胞や組織を攻撃することはない。しかし、細胞が死ぬとリソゾームの膜が壊れ、カテプシンが細胞質に漏れ出るので、細胞が壊れるのである。リソゾームの内部は、細胞質よりも水素イオン濃度(pH)がすこし低いので、カテプシン類の最適pHは5~6のものが多い。また、活性部位にSH基をもつ酵素が多いのも特徴である。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android