コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニクサ(蟹草) カニクサLygodium japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニクサ(蟹草)
カニクサ
Lygodium japonicum

フサシダ科の夏緑性シダ植物。別名ツルシノブ,シャミセンヅル。東北地方南部以西から東南アジアにかけて分布している。山野に生え,暖地ほど多い。根茎は直径2~3mm,地下を横にはい葉を出す。葉はつる状で他物にからみついて伸び,長さ数mに達する。葉柄は硬く針金状。小羽片は薄い洋紙質,普通2~3回3出状に分裂し,頂裂片は細長く伸びる。下部の羽片は栄養葉で,上部の羽片はその縁に胞子嚢群をつける。胞子嚢は楕円体形で,その一端にだけ環帯がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カニクサ(蟹草)の関連キーワードフサシダ科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android